紀の川スマートファーム協議会と近畿大学が水耕栽培サツマイモの収穫・研究勉強会を実施

 紀の川スマートファーム協議会と近畿大学生物理工学部は、イモ類を燃料とした発電実験などを通して、電力の自給や消費者との交流事業に取り組んでいる。

 今年度も、近畿大学生物理工学部の教授である鈴木高広が監修する新たなサツマイモの栽培技術、「畑で行うサツマイモの水耕栽培」の実用化試験に取り組んでおり、紀の川市民を対象としたサツマイモの収穫・研究勉強会を下記のとおり実施する。

1.名  称 紀の川市スマートファーム交流事業
        サツマイモの水耕栽培の収穫・研究勉強会

2.日  時 平成28年10月22日(土) ※雨天中止
        (1)収穫体験:  9:30~11:30
        (2)勉強会 : 14:00~16:00

3.場  所 収穫体験:芋栽培圃場 (紀の川市尾崎184-1)
       勉強会 :近畿大学生物理工学部110教室

4.主催者名 紀の川スマートファーム協議会
       【構成団体】
         近畿大学生物理工学部
         紀の川市地球温暖化対策協議会
         伊都橋本地球温暖化対策協議会
         紀の川サイクリングクラブ
         紀の里農業協同組合
         大栄環境株式会社
         紀の川市

5.参加者  参加申込親子50名程度(参加費無料)

6.内  容
(1)サツマイモの収穫体験(2時間程度)
(2)サツマイモの水耕栽培の研究・勉強会 (1時間程度)
   近畿大学生物理工学部 教授 鈴木高広による勉強会

※ 詳細プレスURL: http://www.news2u.net/releases/149469

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  3. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  4. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  5. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  8. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  2. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  3. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  4. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
ページ上部へ戻る