日本アドバンストアグリ、ラオス産有機栽培原料「100%ハーブティー」を販売開始

 植物工場システムから健康食品事業までの垂直統合型事業を展開する日本アドバンストアグリ株式会社は、無糖茶飲料市場向けに栽培期間中、農薬・化学肥料不使用のラオス産原料を100%使用したこだわりのハーブティー「アグリのしあわせ健康茶」4品種(ホーリーバジル、バタフライピー、ハイビスカス、マルベリー)のキューブボックス各8包入を発売する。

・伸長する無糖茶飲料市場
この5年連続して販売が伸長する無糖茶飲料市場の中で、ハーブティー市場は、女性を中心に美容・健康・ストレスケア等をハーブティーでという需要が高まっております。
この伸長するハーブティーの市場に、ポテンシャルが高いラオス産原料を使用する事で高品質の商品を作り、百貨店・専門店を中心に販売を行って参ります。

・健康食品原料の宝庫「ラオス」
東南アジア最後の秘境と言われるラオスには健康食品用原料に適した固有植物が多く存在し、地理的にも有機農業のポテンシャルが高いことから、ラオス産原料に注目しています。
ラオスでは主要産業である農業に人口の75%が従事しており、ラオス南部のパクセー郊外キリ村における有機栽培農園にて委託栽培を進めています。

日本アドバンストアグリ、ラオス産有機栽培原料「100%ハーブティー」を販売開始
委託農園でのバタフライピー(左)、ホーリーバジル栽培(右)

なお、親会社のツジコー株式会社は、昨年度に国際協力機構(JICA)の「中小企業海外展開支援事業~案件化調査~」として「固有植物の高付加価値化に向けた加工技術の普及に関する案件化調査」の採択を頂き実施しました。

また、今年度からは「固有植物の高付加価値化に向けた加工技術の普及に関する普及・実証事業」として採択され、今後ラオス固有植物の有機農業支援及び健康食品原料の加工化事業を進めていきます。

・販売先及び売上目標
健康志向の高まりとともに、拡大の一途をたどる健康食品市場を背景に、百貨店および専門店を中心に商談を進めて参ります。
また、ネット販売ではAmazonをはじめ、宮川商店 (http://www.mgshoten.co.jp/)のECサイトにて11月初旬より、880円(税別)8包入りにて販売を予定しております。
初年度の販売目標は500万円、4年後の2020年には1億円の販売を目指しています。
日本アドバンストアグリ、ラオス産有機栽培原料「100%ハーブティー」を販売開始
なお、弊社直営のCafé Beans(カフェビーンズ;守山市水保町)ではメニュー提供並びに商品購入も可能となっております。http://www.adv-agri.co.jp/healthy-tea/store/cafebeans.html

アグリのしあわせ健康茶「ホーリーバジル」
インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでも使われる万能ハーブで、様々な症状に対して効果があり、‘不老不死の霊薬’と呼ばれています。
生活習慣病による体調の乱れを改善する効果が期待され、ストレス軽減に適しています。

アグリのしあわせ健康茶「バタフライピー」
花びらが蝶のように見えるためにバタフライピーと言われています。食品では珍しい天然の鮮やかな藍色のもとは、抗酸化作用の高いアントシアニンのテルナチンという成分です。

飲み易く、レモンなど酸を加えると不思議にも紫色に変わり、見た目にも楽しい美容と健康のハーブティーです。2020TOKYO五輪のエンブレムに藍色が使用され現在注目のハーブティーです。バタフライピーはインド伝統医学アーユルヴェーダでも古くから使われています。

アグリのしあわせ健康茶「マルベリー」
古くから日本でも栽培されてきた桑の葉「マルベリー」は、健康に良い成分が多く含まれることが判ってきています。緑茶と同じカテキンのきれいな黄色とスッキリした味で飲みやすくなっています。
桑の葉に含まれるデオキシノジリマイシン(DNJ)は小腸からの糖分吸収を遅らせる作用を持っています。

アグリのしあわせ健康茶「ハイビスカス」
ハイビスカスの仲間であるローゼルは熱帯の日差しをたっぷり浴びながら育ちます。赤ワインと同じアントシアニンの鮮やかな赤色に、レモンのような爽やかな酸味があり、ソーダやハチミツを加えると美味しさがさらにアップします。女性に嬉しい抗酸化作用のあるアントシアニンとビタミンCをたっぷり含んだハーブティーです。かの有名なクレオパトラが生涯愛飲したことでも有名な美容と健康のハーブティーです。

【製品情報】
日本アドバンストアグリ、ラオス産有機栽培原料「100%ハーブティー」を販売開始http://www.adv-agri.co.jp/healthy-tea/index.html

【業務向け情報】
業務用にご使用の際は、ティーパック形状のほか、原料販売等も対応させていただきます。担当までお問い合わせください。
日本アドバンストアグリ、ラオス産有機栽培原料「100%ハーブティー」を販売開始
【会社概要】
日本アドバンストアグリ株式会社
本社  :滋賀県長浜市末広町617-1
事業内容:植物工場の設計施工、機能性野菜の栽培および販売、ハーブティー販売
健康食品の開発、生産販売(屋号:アグリ生活)
設立  :平成18年4月
HP: http://www.adv-agri.co.jp/

【事業概要】
・独自の照明技術を利用した波長と機能性野菜の研究
・野菜にストレスを与えて高機能化を図るストレス負荷型栽培技術
・植物原料を利用した食品事業を展開(六次産業化)
・栽培環境の制御条件をデータ化、農業クラウドへの応用
・植物工場システム(独自の照明)から健康食品事業(アグリ生活)までの垂直統合型事業を実施
・「グラシトール」「アグリのしあわせ健康茶」などの生産販売
・自然派レストラン Café Beansの運営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  6. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  7. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  10. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  3. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  4. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
ページ上部へ戻る