セプトアグリ・千葉工業大学など共同研究による「水耕ソーラーシェアリング」に関する発表資料を公開

 千葉工業大学大学院マネジメント専攻久保研究室のウェブサイト(http://www.kubo-labo.com/)にて、久保研究室が株式会社セプトアグリと有限会社エム・エス・イーの3者で共同研究を行っている「水耕ソーラーシェアリング」に関する学会発表資料を公開した。
セプトアグリ・千葉工業大学など共同研究による「水耕ソーラーシェアリング」に関する発表資料を公開
本資料は研究リーダーの久保教授が2016年9月にドイツのベルリンで開催された国際学会のElectronics Goes Green 2016+にて研究発表を行った際の資料です。

本研究では、セプトアグリが開発した液肥を使わない独自の水耕栽培技術(特許出願済み)「EZ水耕」の応用技術として、ソーラーシェアリングへの導入に関する研究開発に取り組んでいます。

ソーラーシェアリングは太陽光を農作物とソーラーパネルにシェアし、発電と農業生産を両立させるという手法です。ソーラーシェアリングはわが国でも特例的に農地で発電が認められる制度です。

ほとんどの場合で土耕栽培によるソーラーシェアリングが行われておりますが、パネルの下での作業性に改善を要する、収量基準を満たす必要があるなど、技術的な課題がありました。

一方、水耕栽培とソーラーシェアリングを組み合わせるとそれらの課題はおおむね解決できますが、頑丈な鉄骨ハウスが必要となるため、設備投資額が大幅に膨らんでしまうという課題がありました。

本研究は、液肥を使わない水耕栽培を用いることによってハウスを必要とせず廉価に、収量基準を容易に到達し、作業も快適に行うことができる新たなソーラーシェアリング、すなわち水耕ソーラーシェアリングの確立を目指しております。
今回の学会発表は水耕ソーラーシェアリングに関する研究成果発表の第一弾となります。

将来的には久保教授が構想する、低コストかつエネルギー収支がゼロとなる環境配慮型の新しい植物工場「開放型ゼロエネルギー植物工場(OZEPf)」の実証を視野に入れ、研究に取り組んでいきます。

株式会社セプトアグリURL: http://www.sept-agri.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  2. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  3. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  7. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  10. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
ページ上部へ戻る