乳酸菌を含む長野県産生竹100%の有機肥料「畑すくすく」の家庭菜園向け商品を販売

 竹を用いた安心・安全・簡単な土壌作りを応援する、株式会社竹ノ粉では、家庭菜園・ガーデニング用に生竹を100%使用した肥料「畑すくすく」を特設サイト(http://takepowder.jp/)にて発売開始した。

家庭菜園やガーデニングにぴったりの肥料「畑すくすく」は、竹の幹だけを粉砕し、自然の乳酸菌の力のみで発酵させた堆肥です。
花や野菜の土に混ぜるだけで土壌の正常化と作物本来の生命力両方にアプローチするので使用時期や肥料成分量を気にする必要のない簡単な肥料なので、家庭菜園やガーデニング初心者の方にもおすすめです。

「同時に育て始めた小松菜に10cmの違いが出る」「キャベツが芯まで食べられるほど甘く柔らかい!」「枯れそうに弱っていたツツジに若葉が生えた」など、嬉しいお声を多数頂戴しております。
乳酸菌を含む長野県産生竹100%の有機肥料「畑すくすく」の家庭菜園向け商品を販売
■生竹を100%使用した環境に優しい「畑すくすく」の特長
(1)生竹100%使用

長野県産の竹を100%使用し、肥料成分や発酵促進剤などの添加物を一切使用せずに作りました。
竹の繊維質と微生物(放線菌類)の力により、団粒化を促しフカフカな土になり、結果として、水はけがよく保水力のある土壌ができます。

(2)乳酸菌が豊富
「畑すくすく」には、ヨーグルトの26倍、およそ2億6千万個/gもの豊富な乳酸菌が生きた状態で含まれています。
その乳酸菌が土壌内に取り込まれると、作物に有益な微生物(目に見える物としてミミズが代表例です)を呼び寄せ、多様化が始まると同時に、乳酸菌の出す乳酸により病害の原因菌を抑制します。

(3)病気対策
作物を育てる上でとても手間のかかるのが、病気対策です。
人間の体においても、乳酸菌により悪玉菌の繁殖が抑えられるのと同様に、作物を病気にする病原菌の繁殖が抑えられ、農薬の施用量を減らすことができます。
また、土壌を正常に戻す働きがあるので、ナスやトマトのような連作は出来ないと言われている作物の連作が可能です。

(4)施用量の違い
「畑すくすく」は、一般的な堆肥の40分の1の使用量で済み、3坪(6畳)の畑であれば500gで十分です。
乳酸菌の出す乳酸が肥料成分を効率よく吸収できる形にすると共に根の成長を助け根張りが良くなるため、肥料の使用量を抑えることができます。

■使い方
鉢植えやプランター1つにつき1袋の「畑すくすく」を入れ、土とよく混ぜるだけです。
植えている苗から15センチ以上は離し、表面が見えない程度の量を土壌表面に撒くことで雑草対策にもお役立ていただけます。

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】
店舗名:株式会社 竹ノ粉
担当:山崎 庄二
所在地:〒399-7104 長野県安曇野市明科七貴8701-1
TEL:0263-88-2675
MAIL:info[@]takepowder.co.jp
営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日・祝日
URL:http://www.takepowder.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  2. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  6. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  7. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  8. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  9. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  3. NASAによる宇宙ステーションや火星探査での農業・植物工場への取り組み
     2015年8月10日には、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しているNASAの宇宙飛行士が、人工…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る