乳酸菌を含む長野県産生竹100%の有機肥料「畑すくすく」の家庭菜園向け商品を販売

 竹を用いた安心・安全・簡単な土壌作りを応援する、株式会社竹ノ粉では、家庭菜園・ガーデニング用に生竹を100%使用した肥料「畑すくすく」を特設サイト(http://takepowder.jp/)にて発売開始した。

家庭菜園やガーデニングにぴったりの肥料「畑すくすく」は、竹の幹だけを粉砕し、自然の乳酸菌の力のみで発酵させた堆肥です。
花や野菜の土に混ぜるだけで土壌の正常化と作物本来の生命力両方にアプローチするので使用時期や肥料成分量を気にする必要のない簡単な肥料なので、家庭菜園やガーデニング初心者の方にもおすすめです。

「同時に育て始めた小松菜に10cmの違いが出る」「キャベツが芯まで食べられるほど甘く柔らかい!」「枯れそうに弱っていたツツジに若葉が生えた」など、嬉しいお声を多数頂戴しております。
乳酸菌を含む長野県産生竹100%の有機肥料「畑すくすく」の家庭菜園向け商品を販売
■生竹を100%使用した環境に優しい「畑すくすく」の特長
(1)生竹100%使用

長野県産の竹を100%使用し、肥料成分や発酵促進剤などの添加物を一切使用せずに作りました。
竹の繊維質と微生物(放線菌類)の力により、団粒化を促しフカフカな土になり、結果として、水はけがよく保水力のある土壌ができます。

(2)乳酸菌が豊富
「畑すくすく」には、ヨーグルトの26倍、およそ2億6千万個/gもの豊富な乳酸菌が生きた状態で含まれています。
その乳酸菌が土壌内に取り込まれると、作物に有益な微生物(目に見える物としてミミズが代表例です)を呼び寄せ、多様化が始まると同時に、乳酸菌の出す乳酸により病害の原因菌を抑制します。

(3)病気対策
作物を育てる上でとても手間のかかるのが、病気対策です。
人間の体においても、乳酸菌により悪玉菌の繁殖が抑えられるのと同様に、作物を病気にする病原菌の繁殖が抑えられ、農薬の施用量を減らすことができます。
また、土壌を正常に戻す働きがあるので、ナスやトマトのような連作は出来ないと言われている作物の連作が可能です。

(4)施用量の違い
「畑すくすく」は、一般的な堆肥の40分の1の使用量で済み、3坪(6畳)の畑であれば500gで十分です。
乳酸菌の出す乳酸が肥料成分を効率よく吸収できる形にすると共に根の成長を助け根張りが良くなるため、肥料の使用量を抑えることができます。

■使い方
鉢植えやプランター1つにつき1袋の「畑すくすく」を入れ、土とよく混ぜるだけです。
植えている苗から15センチ以上は離し、表面が見えない程度の量を土壌表面に撒くことで雑草対策にもお役立ていただけます。

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】
店舗名:株式会社 竹ノ粉
担当:山崎 庄二
所在地:〒399-7104 長野県安曇野市明科七貴8701-1
TEL:0263-88-2675
MAIL:info[@]takepowder.co.jp
営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日・祝日
URL:http://www.takepowder.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  6. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  9. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  10. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る