キーストーンテクノロジー、植物工場による機能性野菜サラダパックの生産開発に成功

 植物工場システム開発・製造の株式会社キーストーンテクノロジーは「βカロテン」「葉酸」「ポリフェノール」の成分量が多い、機能性野菜サラダパックの生産開発に成功した。
今後は、女性の健康的な美しさをサポートする栄養機能食品として、神奈川・東京を中心としたスーパーや百貨店を中心に3種類のサラダパックを提供していく、という。今後は糖尿病や高血圧にも予防効果のあるサラダパックの開発を目指す。
キーストーンテクノロジー、植物工場による機能性野菜サラダパックの生産開発に成功
<光の技術が可能にした機能性野菜>
このたび、販売を開始する機能性野菜サラダパックは、「うるつや素肌で勝負するサラダパック βカロテンミックス」、「ママのためのサラダパック 葉酸ミックス」(ともに栄養機能食品)、そして「健康的な美しさを応援するサラダパック ポリフェノールミックス」の3種類です。

キーストーンテクノロジー社の開発・製造する植物工場システムは、植物の種類や育成段階に合わせて約17万パターンの光質を制御することが可能であり、目的に合わせた最適な光質環境で機能性野菜を栽培することができます。

また、徹底された栽培衛生管理によってカット野菜と同等の清潔さが保たれており、無農薬で栽培されているので、洗いの手間が省けるのはうれしいポイント。なにかと忙しい女性にはうれしい、「お手軽・時短調理・おいしい」がそろったサラダパックです。

<1日1パック!お手軽機能性サラダ習慣>
キーストーンテクノロジー社の機能性野菜サラダパックでは、厚生労働省が定めている機能性成分・栄養素の必要摂取量を1パックで摂取することができます。

本商品1パックにつき、「うるつや素肌で勝負するサラダパック βカロテンミックス」は同品目の露地野菜に含まれる2倍量:6,300㎍のβカロテンを含有、「ママのためのサラダパック 葉酸ミックス」は水耕レタスに含まれる約5倍量:166㎍の葉酸を含有、「健康的な美しさを応援するサラダパック ポリフェノールミックス」は巨峰に含まれる1.5倍量*:100㎍のポリフェノールを含有しています。

本商品は、主に神奈川・東京のスーパーや百貨店を中心に、1パック200円~400円にて、2016年内から順次販売をしていきます。

* 100gあたり含有量について、巨峰ポリフェノール量は2008年山梨県工業技術センター調べ数値を参照

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  2. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  3. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  4. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  5. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  10. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  3. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る