小型・水耕ポット「ペットマト」が進化を遂げて「ポットランド」として新発売

 はせがわさとう商店株式会社では、累計販売個数250万個突破!栽培キット“ペットマト”が進化を遂げて「ポットランド」として新発売する。栽培キット史上最高峰のコンパクト化と実用性を実現。好きなカタチやデザインのボトル・グラスを使って、“お部屋の中で1年中野菜やハーブの収穫が楽しめる”新しい栽培キットです。
小型・水耕ポット「ペットマト」が進化を遂げて「ポットランド」として新発売
2011年の発売当初より多数メディアで取り上げられ、東急ハンズやトイザラス、ファミリーマート、イオンなどでの販売実績250万個をたたき出した、前人未到の栽培キット「ペットマト」が、この秋、ついに進化を遂げて帰ってきました!その名も、「ポットランド」です。(2016年10月発売)

【開発テーマ】
近年、益々“植物(グリーン)”へのニーズが高まっていますが、それと同時に消費者の“自分だけのものが欲しい、見せたい”という超ニッチ市場も拡大傾向にあります。
はせがわさとう商店はこのニーズに対応するため、以下の5つを開発テーマとしました。

1.土は使わない水だけ栽培
2.コンパクトであること
3.実用的であること
4.時流にあったデザインと消費者個性
5.教育的な活用ができること

【商品特長 1】土は使わない水だけ栽培
植物は本来、「光」「水」「空気」の3要素で生育するため、常識的に思われている「用土」は一切不要とされています。(※一部根菜は除く)ポットランドは、この基本ともいえる植物の性質をヒントに、前出の栽培キット「ペットマト」の水耕栽培ノウハウを最大限に活用し、必要最小限の水耕栽培システムを実現しました。

【商品特長 2】コンパクトであること
植物の生育に必要な諸要素のみに限定することで、栽培キット史上、園芸史上最もコンパクトなサイズの商品化を実現しました。

【商品特長 3】実用的であること
従来の園芸よりも簡易的なのはもちろんですが、一般に流通している用土付きの栽培キットのように、ある程度生長した後の「専用用土」への植え替えが一切不要なので、栽培から収穫までの一連の流れを「ポットランド」ひとつで部屋の中で体験することができます。

【商品特長 4】時流にあったデザインと消費者個性
シリコン製の商品本体は「実」をモチーフにしたサイコロ型の親近感のあるデザインで、何よりも好きなカタチやデザインの容器(ワインボトル、ペットボトル、ジュース瓶、グラス、マグカップ、缶など)と組み合わせて育てることで、消費者個々が持つ“オリジナリティ”を演出することができます。

【商品特長 5】教育的な活用ができること
「トマトは3か月かけて、やっと食べられる。」そんな、あたりまえを伝えることが、「ポットランド」の裏テーマでもあります。スーパーに行き、レジでお金を払えば、あたりまえのように手に入る“野菜”ですが、実は私たちはそんな生活に不可欠な野菜のことをよく知らないのが現実です。

種のカタチや苗のカタチ、そもそも野菜がどういう順序で育つのかは意外とわからないことが、果たしてあたりまえなのでしょうか?そんな、世の中に対するちょっとしたアンチテーゼとして、私たちは「トマトは3か月かけて、やっと食べられる。」ということを伝えることをテーマとしています。大げさかもしれませんが、植物を生き物だと確信すると、意外と世界の見え方すら変わるものです。

【商品概要】
商品カテゴリー/栽培キット(水耕栽培)
商品名/POTLAND(ポットランド)
内容物/ポットランド本体、給水フィルター、植物種子、サンド、ハイポネックス微粉肥料5g、計量スプーン、育て方説明書
小売価格/1,000円+消費税
品種/プチトマト、黄金トマト、スイートバジル、ひとくち茄子、おつまみ枝豆、四季なりいちご(全6種類)
公式URL: http://www.potland.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  4. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  3. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る