セプトアグリ、液肥を使用しない水耕栽培・屋外設置型ユニット「EZ水耕菜園」の販売受付を開始

 株式会社セプトアグリは10月6日、液肥を使わない独自の水耕栽培技術(特許出願済)「EZ水耕」を活用した一般利用者向けの新商品として、屋外設置型の水耕栽培ユニット「EZ水耕菜園」を発表し、関東地域での販売受付を開始する。
セプトアグリ、液肥を使用しない水耕栽培・屋外設置型ユニット「EZ水耕菜園」の販売受付を開始
同社は特許出願済の特殊な施肥方法により、液肥を使わない水耕栽培を実現した。本技術を用いることで、水道水を直接与えるだけで水耕栽培が可能となり、従来の水耕栽培の作業時間を増やして難しくしていた液肥調整の手間から解放されます。

さらに液肥を使わないことにより、栽培水に雨水が混入しても問題がありません。このため、ビニルハウスの設置を行うことなく、手軽に水耕栽培ができます。

EZ水耕菜園を日当たりのよい庭に設置することで、簡単にまとまった量の葉もの野菜が収穫できます。新鮮なサラダを毎日たくさん食べたいご家庭や、福祉施設などでの利用を想定しております。

推奨作物のベビーリーフを栽培する場合、1回の栽培日数は季節により20日から30日です。1ユニットで1回の栽培につき6kg~20kg(ベビーリーフの品目による)収穫できます。多品目をミックスして25日で10kg収穫する場合、毎日400gのベビーリーフミックスが収穫でき、10人分の量に相当します。

ベビーリーフの場合、真冬を除いて栽培でき、最大で年に10回栽培できます。付属の防虫ネットを使用することで、無農薬栽培も可能です。

水道水や井戸水に接続できる日当たりのよい庭があれば導入が可能となります。水耕栽培のため土の飛散もありません。栽培管理や作物の切り替えが容易で、撤去も簡単です。設置、撤去ともに1ユニットあたり半日で完了します。

EZ水耕菜園の大きさは奥行き4m×幅×2m×高さ1.2mで、1ユニットの設置に必要な推奨面積は5m×3mです。価格は1ユニット60万円・3ユニット150万円・5ユニット200万円(いずれも税別。標準設置費込)。

本体に加えて、野菜の苗を作るための専用のLED育苗ユニットが付属します。育苗ユニットのサイズは幅1.5m×奥行き60cm×高さ1.5mです。育苗ユニットは屋内に設置します。設置台数に応じたLED育苗ユニットと10作分の栽培資材が付属します。

※EZ水耕菜園は関東圏での先行販売となります。関東以外での導入希望は応相談となります。

【会社概要】
商 号 : 株式会社セプトアグリ
代表者 : 代表取締役 大社 一樹
所在地 : 横浜市鶴見区元宮1-12-42
設 立 : 2014年7月
事業内容 : 超低コスト水耕栽培システムの開発・販売
資本金 : 9,900,000円
URL : http://www.sept-agri.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  2. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る