農業のIoT化、圃場や施設を遠隔モニタリング『Farmer’sWACS』を「農業資材EXPO」で公開

 共同紙工株式会社は、新サービス『Farmer’sWACS』を2016年10月12日~14日に幕張メッセで開催される農業ワールド(http://www.agritechjapan.jp/tokyo/)内の第6回「農業資材EXPO2016」での出展ブースにて製品発表を行う。
本サービスは、新しい通信方式(LPWA)によって従来の施設だけでなく、遠隔地の圃場やフィールドのモニタリングとコントロールを目指すワイドエリアシステムとなっている。
農業のIoT化、圃場や施設を遠隔モニタリング『Farmer'sWACS』を「農業資材EXPO」で公開
LPWA(Low Power Wide Area)は省電力で長距離通信を実現する通信方式で、今後、急速な普及が見込まれます。送信データ容量は小さくとも消費電力が極端に少ないロングライフで、通信距離も見通しが良ければ10km前後と広範囲であり、何より通信料が無料なのが最大の特徴です。

『Farmer’sWACS(Wide Area Control System)』はそのLPWA(LoRa)をいち早く農業・アウトドアシーンに導入することにより、日本の農業を守り、強くし、更にはその通信インフラを利用し、地域の安全・安心に貢献できることを想定しています。

ルーターを介してインターネットに繋がる親機:GateWay「アイ・コネクト」には様ざまなセンサー類にLPWA(LoRa)をドッキングさせることで、省電力・ロングライフの「アイ・センサー」となり何万個でも双方向で繋げることを可能にしました。
また通信料も無料なので多種多様な場での活躍が考えられ、その通信距離と小さなバッテリーで数年も持つことから、正に農業・アウトドアシーンでの用途は無限大です。
農業のIoT化、圃場や施設を遠隔モニタリング『Farmer'sWACS』を「農業資材EXPO」で公開
今まで初期費用、センサー毎のランニングコスト、そして有線による煩わしさによってIoT・ICT化を躊躇されていたシーンでも『Farmer’sWACS』のGateWay「アイ・コネクト」ならルーター込み10万円前後で完結。システムも多様なLPWA(LoRa)を繋ぐ計画をしていて、地域の安全・安心に対しても様々な展開が期待されております。
尚、既製のアナログセンサーとのドッキングの為の共同開発、LPWA単体での条件付き販売も検討しています。

■基地局(アイ・コネクト)
■センサー(アイ・センサー)
※温度・CO2・湿度・日射量・土壌分析・GPS等センサー機能により価格が異なります。また、その他の機能をご希望の方も開発可能。メンテナンス費用別途
■通信費用(月額)無料

【会社概要】
農業の縁の下の力持ち、農業用薬品の包装資材に特化した創業から半世紀の老舗メーカーです。近年は付加価値の高いお米やワイン用の特殊袋を新事業の柱とし、これからは自国生産を守るためにICTによる省力化、鳥獣被害対策のシステム化、地域生産物のブランド化など、中小企業ならではの農家の視点に立ったITによる低コスト化を実現し、社会へ貢献して参ります。

▼『Farmer’sEyes』について
商号   : 共同紙工株式会社 KYODOSHIKO Co.,Ltd
商業年月日: 昭和42年(1967年)2月7日
代表   : 代表取締役社長 時田 義明
URL    : http://www.kbrains.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  8. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
  4. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
ページ上部へ戻る