総合企画センター大阪「2016年農薬メーカーの事業動向・戦略調査」を発表。農薬の国内出荷額は3,358億6,900万円

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪は、農薬メーカーの事業動向・戦略について調査結果を発表した。2015年度における農薬の国内出荷額は3,358億6,900万円となった。主要各社は海外需要の取り込みを目指し、海外現地法人との連携や、海外での新製品販売等を積極的に行っている。

当資料では、国内の主要農薬メーカー19社をピックアップし、各社の製品展開、農薬登録状況、事業推進体制、主要提携状況、海外事業展開の動向等を分析し、今後の農薬メーカーのマーケティング活動に資するデータとしている。

概要
◆2015年度における農薬の国内出荷額は3,358億6,900万円(前年度比2.4%減)となった。国内の農薬市場は縮小傾向にあり、農業従事者の高齢化、労働力の不足等、様々な問題を抱えており、縮小に歯止めをかけることは容易なことではない。

その中で重要となってくるのが、海外需要の取り込みである。各社においては、今後の生き残りをかけて、海外展開の強化(海外現地法人との連携や海外での新製品販売等)に積極的に取り組んでいる。

◆エス・ディー・エスバイオテックにおいては、アジア地域を軸にダコニール関連剤の拡販を行うほか、インドのRamcides社との連携を強化することで、同国での需要確保に向けた取り組みを進めていく。

クミアイ化学においては、畑作用除草剤ピロキサスルホンの海外展開を加速し、2018年にインド、2019年にブラジルで各々登録を予定している。日産化学工業においては、中国やブラジルに加え、東南アジアや欧米諸国での展開(現地法人との連携、新市場への進出、新製品の販売等)を加速し、海外需要を取り込んでいくとしている。

◆本資料では、国内の主要農薬メーカー19社をピックアップし、各社の製品展開、農薬登録状況、事業推進体制、農薬事業売上高、R&D展開状況、主要提携状況、海外事業展開の動向、今後の事業戦略等を記載し、分析している。

TPC市場調査レポート
「2016年 農薬メーカーの事業動向・戦略調査」

―縮小する国内市場から海外需要の取り込みを図る各社の動向と戦略―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410160315
資料体裁:A4判 167頁
発 刊 日:2016年9月23日
頒   価:87,000円(税抜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  2. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  3. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  4. 日栄インテックG、コンテナ型植物工場「スーパーアグリプラント」の販売を開始
     日栄インテックグループは、配管支持金具・太陽光架台メーカーとして豊富な実績と、多年にわたる野菜栽培…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  7. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  8. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  3. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
ページ上部へ戻る