総合企画センター大阪「2016年農薬メーカーの事業動向・戦略調査」を発表。農薬の国内出荷額は3,358億6,900万円

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪は、農薬メーカーの事業動向・戦略について調査結果を発表した。2015年度における農薬の国内出荷額は3,358億6,900万円となった。主要各社は海外需要の取り込みを目指し、海外現地法人との連携や、海外での新製品販売等を積極的に行っている。

当資料では、国内の主要農薬メーカー19社をピックアップし、各社の製品展開、農薬登録状況、事業推進体制、主要提携状況、海外事業展開の動向等を分析し、今後の農薬メーカーのマーケティング活動に資するデータとしている。

概要
◆2015年度における農薬の国内出荷額は3,358億6,900万円(前年度比2.4%減)となった。国内の農薬市場は縮小傾向にあり、農業従事者の高齢化、労働力の不足等、様々な問題を抱えており、縮小に歯止めをかけることは容易なことではない。

その中で重要となってくるのが、海外需要の取り込みである。各社においては、今後の生き残りをかけて、海外展開の強化(海外現地法人との連携や海外での新製品販売等)に積極的に取り組んでいる。

◆エス・ディー・エスバイオテックにおいては、アジア地域を軸にダコニール関連剤の拡販を行うほか、インドのRamcides社との連携を強化することで、同国での需要確保に向けた取り組みを進めていく。

クミアイ化学においては、畑作用除草剤ピロキサスルホンの海外展開を加速し、2018年にインド、2019年にブラジルで各々登録を予定している。日産化学工業においては、中国やブラジルに加え、東南アジアや欧米諸国での展開(現地法人との連携、新市場への進出、新製品の販売等)を加速し、海外需要を取り込んでいくとしている。

◆本資料では、国内の主要農薬メーカー19社をピックアップし、各社の製品展開、農薬登録状況、事業推進体制、農薬事業売上高、R&D展開状況、主要提携状況、海外事業展開の動向、今後の事業戦略等を記載し、分析している。

TPC市場調査レポート
「2016年 農薬メーカーの事業動向・戦略調査」

―縮小する国内市場から海外需要の取り込みを図る各社の動向と戦略―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410160315
資料体裁:A4判 167頁
発 刊 日:2016年9月23日
頒   価:87,000円(税抜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  5. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  6. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  7. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  8. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  9. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  10. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る