ノエビアグループ×立命館大学、土壌肥沃度とオーガニック植物の収穫量や品質の関係性を解析

 ノエビアグループと立命館大学の久保 幹(生命科学部・教授)は、ノエビア自社農場「北海道暑寒別岳パイロットファーム」の有機JAS圃場において土壌肥沃度指標(SOFIX)を用いた栽培手法が、オーガニック栽培された薬用植物の収穫量を増やし、特定有用成分の含有量を高められることを共同研究から明らかにしました。

この成果は、今後の化粧品開発に応用される予定です。本研究成果は、2016年9月28日~30日に富山で開催される「第68回日本生物工学会大会」にて立命館大学より発表されます(ノエビアは共同演者)。
ノエビアグループ×立命館大学、土壌肥沃度とオーガニック植物の収穫量や品質の関係性を解析
【研究の背景】
自然派・オーガニック化粧品市場は、お客さまの環境重視と自然志向の高まりにより年々拡大傾向にあります。そのような中、独自のオーガニック化粧品の開発を目的に、植物素材の栽培に有効なSOFIXに基づいて、有機圃場の環境を改良し、オーガニック栽培においても収穫量および有用成分含有量への影響について研究を行いました。

【研究の成果】
婦人病の漢方薬で利用されているホッカイトウキを対象に試験を実施しました。SOFIXに基づき、土壌中の炭素、窒素およびリンの量や微生物活性を改善した結果、土壌肥沃度の上昇に応じて収穫量が増えました。

また、ホッカイトウキ中の有用成分であるリグスチリド※2およびブチリデンフタリド※3についても、土壌肥沃度に準じて高まりました。
以上のことから、SOFIXを用いた栽培手法が植物の生長および特定有用成分の生成に有益な影響をもたらし、薬用植物の栽培に有用であることが示されました。

※2 リグスチリド:ホッカイトウキに含まれる主要な成分
※3 ブチリデンフタリド:リグスチリドの類似物質

【土壌肥沃度指標(SOFIX:Soil Fertile Index)とは】
立命館大学生命科学部生物工学科 久保 幹教授らが開発した農耕地土壌の診断技術として、有機栽培をはじめとする土壌中栄養源の質や量、微生物活性に着目した分析指標です。従来、有機農業での「土作り」は経験に頼らざるを得ず、安定的な生産が課題でしたが、SOFIXに基づき土壌成分を調整することにより、高品質な農作物を安定的に生産することが可能になりました。

SOFIX農業推進機構
http://sofixagri.com/

【北海道暑寒別岳パイロットファームの概要】
ノエビアグループは、2005年から運営している自社農場「北海道暑寒別岳パイロットファーム」の一部において、有機JAS認証(有機農産物)を取得し、2014年よりオーガニック栽培に取り組んでおります。

所在地:北海道増毛郡増毛町湯の沢
標高 :約400m
面積 :691万平方メートル
特徴 :亜寒帯気候で育つ稀少種を含む植物や薬用植物が生育

*有機JAS圃場認証取得について
http://www.noevir.co.jp/new/ir_info/pdf/per45/141003.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大地を守る会とオイシックス、3月31日よりグループ会社化
     株式会社大地を守る会と、オイシックス株式会社は3月31日にグループ会社となり、2017年秋を目処と…
  2. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  3. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  4. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る