ノエビアグループ×立命館大学、土壌肥沃度とオーガニック植物の収穫量や品質の関係性を解析

 ノエビアグループと立命館大学の久保 幹(生命科学部・教授)は、ノエビア自社農場「北海道暑寒別岳パイロットファーム」の有機JAS圃場において土壌肥沃度指標(SOFIX)を用いた栽培手法が、オーガニック栽培された薬用植物の収穫量を増やし、特定有用成分の含有量を高められることを共同研究から明らかにしました。

この成果は、今後の化粧品開発に応用される予定です。本研究成果は、2016年9月28日~30日に富山で開催される「第68回日本生物工学会大会」にて立命館大学より発表されます(ノエビアは共同演者)。
ノエビアグループ×立命館大学、土壌肥沃度とオーガニック植物の収穫量や品質の関係性を解析
【研究の背景】
自然派・オーガニック化粧品市場は、お客さまの環境重視と自然志向の高まりにより年々拡大傾向にあります。そのような中、独自のオーガニック化粧品の開発を目的に、植物素材の栽培に有効なSOFIXに基づいて、有機圃場の環境を改良し、オーガニック栽培においても収穫量および有用成分含有量への影響について研究を行いました。

【研究の成果】
婦人病の漢方薬で利用されているホッカイトウキを対象に試験を実施しました。SOFIXに基づき、土壌中の炭素、窒素およびリンの量や微生物活性を改善した結果、土壌肥沃度の上昇に応じて収穫量が増えました。

また、ホッカイトウキ中の有用成分であるリグスチリド※2およびブチリデンフタリド※3についても、土壌肥沃度に準じて高まりました。
以上のことから、SOFIXを用いた栽培手法が植物の生長および特定有用成分の生成に有益な影響をもたらし、薬用植物の栽培に有用であることが示されました。

※2 リグスチリド:ホッカイトウキに含まれる主要な成分
※3 ブチリデンフタリド:リグスチリドの類似物質

【土壌肥沃度指標(SOFIX:Soil Fertile Index)とは】
立命館大学生命科学部生物工学科 久保 幹教授らが開発した農耕地土壌の診断技術として、有機栽培をはじめとする土壌中栄養源の質や量、微生物活性に着目した分析指標です。従来、有機農業での「土作り」は経験に頼らざるを得ず、安定的な生産が課題でしたが、SOFIXに基づき土壌成分を調整することにより、高品質な農作物を安定的に生産することが可能になりました。

SOFIX農業推進機構
http://sofixagri.com/

【北海道暑寒別岳パイロットファームの概要】
ノエビアグループは、2005年から運営している自社農場「北海道暑寒別岳パイロットファーム」の一部において、有機JAS認証(有機農産物)を取得し、2014年よりオーガニック栽培に取り組んでおります。

所在地:北海道増毛郡増毛町湯の沢
標高 :約400m
面積 :691万平方メートル
特徴 :亜寒帯気候で育つ稀少種を含む植物や薬用植物が生育

*有機JAS圃場認証取得について
http://www.noevir.co.jp/new/ir_info/pdf/per45/141003.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る