国内外で評価され、多くの賞を受賞した 独自開発の「純国産フルボ酸」による緑化対策工の新技術開発

国土防災技術株式会社は、自社開発した「純国産フルボ酸」により、従来の緑化工法に植物成長促進効果を加えた各種工法を開発した。

■事例(1)
国内外で評価され、多くの賞を受賞した 独自開発の「純国産フルボ酸」による緑化対策工の新技術開発
長野県において造成された国道の盛土法面で、盛土材として砂質土が使用したため貧栄養であることが懸念されたこと、また客土吹付工を施工した場合、周りからの養分供給がほとんど期待できないことより、吹付工に混合した肥料分を効率よく吸収することが不可欠でした。

そこで、この度当社が開発したフジミン(フルボ酸の原液)を500倍に希釈したものを散布。その結果、フルボ酸のキレート効果による土壌養分の吸収力が上がり、緑化困難な場所において安定した緑化を実現しました。

■事例(2)
国内外で評価され、多くの賞を受賞した 独自開発の「純国産フルボ酸」による緑化対策工の新技術開発
愛媛県において木製堰堤の前面に造成されたマサ土盛土部にて、降雨による浸食が進行していました。また南東向きの現場であることから乾燥も認められていたため、緑化による浸食防止についても苦慮されていました。

そこで成長促進効果のあるフルボ酸散布を行いました。7月中旬に施工し降雨の少ない中、2週間後にはフルボ酸散布区において全面的に発芽が確認され、フルボ酸の成長促進効果の他、初期発芽についても効果があることが確認。これは従来工法において早期発芽・生長をさせることにより基盤の流出の懸念のあった場所においても施工可能になると期待しています。

■現在の状況
この他にも海岸の飛砂防止を目的とするはまみどり工法(特許番号:5542232)や、のり面を保護するタフグリーン工法(特許番号:4087777)、資材運搬や施工困難な山腹での緑化工である航空実播、二重包装体航空緑化(特許番号:5822709)など、フルボ酸を使用した各種工法を提案しています。

■「フルボ酸」とは
フルボ酸は、自然界では微量にしか生産されない貴重な資源で、通常は腐植土壌に多く存在します。腐植土壌とは、森林生態系において地上部の動植物により生産された有機物が堆積し、微生物により分解されて土状になったものです。

またフルボ酸は、もともと森林や土壌の中に存在する有機酸の一つで、植物にミネラルを補給する役目を担っています。フルボ酸は植物が必要とする肥料の交換能力を高め、効率よく肥料吸収を図り光合成量を向上させ、酷暑期の耐性を高める効果もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  3. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  4. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る