国内外で評価され、多くの賞を受賞した 独自開発の「純国産フルボ酸」による緑化対策工の新技術開発

国土防災技術株式会社は、自社開発した「純国産フルボ酸」により、従来の緑化工法に植物成長促進効果を加えた各種工法を開発した。

■事例(1)
国内外で評価され、多くの賞を受賞した 独自開発の「純国産フルボ酸」による緑化対策工の新技術開発
長野県において造成された国道の盛土法面で、盛土材として砂質土が使用したため貧栄養であることが懸念されたこと、また客土吹付工を施工した場合、周りからの養分供給がほとんど期待できないことより、吹付工に混合した肥料分を効率よく吸収することが不可欠でした。

そこで、この度当社が開発したフジミン(フルボ酸の原液)を500倍に希釈したものを散布。その結果、フルボ酸のキレート効果による土壌養分の吸収力が上がり、緑化困難な場所において安定した緑化を実現しました。

■事例(2)
国内外で評価され、多くの賞を受賞した 独自開発の「純国産フルボ酸」による緑化対策工の新技術開発
愛媛県において木製堰堤の前面に造成されたマサ土盛土部にて、降雨による浸食が進行していました。また南東向きの現場であることから乾燥も認められていたため、緑化による浸食防止についても苦慮されていました。

そこで成長促進効果のあるフルボ酸散布を行いました。7月中旬に施工し降雨の少ない中、2週間後にはフルボ酸散布区において全面的に発芽が確認され、フルボ酸の成長促進効果の他、初期発芽についても効果があることが確認。これは従来工法において早期発芽・生長をさせることにより基盤の流出の懸念のあった場所においても施工可能になると期待しています。

■現在の状況
この他にも海岸の飛砂防止を目的とするはまみどり工法(特許番号:5542232)や、のり面を保護するタフグリーン工法(特許番号:4087777)、資材運搬や施工困難な山腹での緑化工である航空実播、二重包装体航空緑化(特許番号:5822709)など、フルボ酸を使用した各種工法を提案しています。

■「フルボ酸」とは
フルボ酸は、自然界では微量にしか生産されない貴重な資源で、通常は腐植土壌に多く存在します。腐植土壌とは、森林生態系において地上部の動植物により生産された有機物が堆積し、微生物により分解されて土状になったものです。

またフルボ酸は、もともと森林や土壌の中に存在する有機酸の一つで、植物にミネラルを補給する役目を担っています。フルボ酸は植物が必要とする肥料の交換能力を高め、効率よく肥料吸収を図り光合成量を向上させ、酷暑期の耐性を高める効果もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  2. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  3. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  4. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
ページ上部へ戻る