ルネサスのハブ向けローエンドマイコン。植物工場の環境センサへの導入も

 ルネサス エレクトロニクス株式会社は、センサの出力信号をデジタルデータに変換するセンサ・ハブと呼ばれる機器向けに小型パッケージのローエンド汎用マイコン「RL78/G11」を開発し、本年10月よりサンプル出荷を開始する。
ルネサスのハブ向けローエンドマイコン。植物工場の環境センサへの導入も
新製品は、産業分野ではデータセンタの熱対策に向けたコンピュータの稼働環境モニタ、ヘルスケア分野では健康管理のウェアラブル機器、農業分野ではビニールハウスや植物工場の環境センサなど、さまざまな分野で使用される小型のセンサ・ハブに向けて開発されたもので

(1) パッケージの端子数が24ピン以下のマイコンでは業界最多(注1)となる最大13個のセンサに対応
(2) 手軽な開発環境の提供により試作および評価の期間を短縮

といった特長を有しております。新製品の採用によりユーザは、省電力なセンサ・ハブやセンサ応用システムの短期間での試作・開発が容易になります。

新製品のサンプル価格は、例えば20ピンLSSOPパッケージ・民生機器向けの「R5F1056AASP」が120円/個(税別)です。量産は本年12月より開始し、2018年には月産50万個を計画しております。評価ボード、開発ツール、ソフトウェアなども順次提供する計画です。

近年、電子機器の自動化・センサ機能強化により、新しい需要の創出が期待されています。
農業分野では、作物の生育環境/状況を環境センサで測定し、肥料・光熱費の節約や、作物の品質改善の試みが挙げられます。このような技術の発展には、センシングの高度化やセンサの増加が不可欠ですが、これによる消費電力の増加は特にバッテリ搭載機器で大きな課題となっています。

新製品はこのような市場ニーズに応えるため開発されたもので、センサ・ハブやセンサ応用システムの小型化、省電力化、バッテリ長寿命化や、ユーザの試作・開発期間の短縮に貢献します。

参考: 同社のプレスリリースより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  3. 日栄インテックG、コンテナ型植物工場「スーパーアグリプラント」の販売を開始
     日栄インテックグループは、配管支持金具・太陽光架台メーカーとして豊富な実績と、多年にわたる野菜栽培…
  4. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  8. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  9. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
ページ上部へ戻る