セミナー案内「静岡県による施設栽培型ビジネス・スマート農業の最新動向」

 静岡県は温暖な気候、変化に富んだ地形を有し「恵まれた地域資源」を活用して多種多様な農作物の栽培が行われるとともに、食品関連産業の拠点としても多くの事業者様に選ばれております。

本セミナーでは、成長分野として注目される、先端技術を応用した農業ビジネスについて、専門講師による最新動向等の話題提供とともに、静岡県内での企業の取組事例や本県のプロジェクト、立地環境をご紹介します。

ふじのくに企業立地セミナー
~施設栽培型ビジネス・スマート農業の最新動向~

・日時
2016年10月19日(水) 15:00-19:00 (開場14:30)

・場所
ザ ランドマークスクエア トーキョー30階 ロータス
東京都港区高輪3-13-3(シナガワグース内)JR「品川駅」高輪口から徒歩5分

当日のプログラム

15:00 開会あいさつ 静岡県副知事 難波 喬司 氏

15:05 基調講演
「拡大する施設園芸市場の先端技術動向及び農業ビジネスの将来展望」
【講演内容】マーケティング専門家による農業ビジネス・高度施設園芸の市場動向、将来展望、注目ビジネスの紹介等
【講師】株式会社矢野経済研究所 フード・ライフサイエンスユニット 主任研究員 中川 純一 氏

15:55 事例紹介
静岡県内でのスマート農業、高度施設園芸等に関する企業の取組
富士通株式会社・株式会社ファームシップ

16:35 プレゼンテーション
静岡県の先端農業、産業に関するビジネス環境
静岡県経済産業部長 篠原 清志 氏

17:30(90分) 交流会
県内市町の産業に関する情報発信とともに、特産品や軽いお食事を用意いたします。
お時間の許す限り、ご参加いただけますようお願い申し上げます。

※ セミナープログラムの順番や構成、講師が変わる場合もございますので、予めご容赦いただけますようお願い申し上げます

詳細資料・申込書: http://innoplex.org/images/161019shizuoka-seminar.pdf
同様に以下のサイトより申し込むことも可能です。
http://www.yano.co.jp/seminar/2016/1019/1019.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  2. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  3. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  4. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  5. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  6. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  7. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  8. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る