ベジタリア、新潟市における「ドローン実証プロジェクト」に関する連携協定を締結

 ベジタリア株式会社は、新潟市、株式会社NTTドコモなどと、国家戦略特区である新潟市において、ドローンを活用した(1)「水稲のモニタリング及び栽培管理(水稲プロジェクト)」、(2)「海岸保安林のマツ枯れ対策及び維持管理(海岸保安林プロジェクト)」の2つから成る『ドローン実証プロジェクト』に関する連携協定を2016年9月21日に締結した。
ベジタリア、新潟市における「ドローン実証プロジェクト」に関する連携協定を締結
「水稲プロジェクト」は、新潟市、ベジタリア、ドコモ、株式会社自律制御システム研究所(ACSL)の4者が、水稲の病害虫の発生状況の監視や収穫時期の予測を目的に、ドローンを活用し、米の品質向上・収穫量増加に取り組みます。

これまで、いもち病などの病害虫の発生については、目視及び水稲向け水管理支援システム「PaddyWatch」などのセンサで監視しておりましたが、今回ドローンに搭載したカメラで上空から水田の状況を把握し、その空撮画像を解析することで、より精度の高い予測が期待できます。

「海岸保安林プロジェクト」は、新潟市、ベジタリア、ドコモ、エアロセンスの4者が、海岸保安林のマツ枯れ対策や維持管理を目的に、ドローンを活用した効率的な伐倒駆除を行い、マツ枯れ被害を防ぎます。
ベジタリア、新潟市における「ドローン実証プロジェクト」に関する連携協定を締結
これまで、伐倒駆除の際は、海岸保安林の被害状況を目視によって作業しておりましたが、今回ドローンに搭載したカメラからの空撮画像の解析結果とGPSによる位置情報を用いることにより、マツ枯れの被害木をピンポイントで特定することで、より的確に海岸保安林のマツ枯れ対策につなげることができます。また、空撮画像を立体視して被害木の高さを測定することで、伐採業者に対して低コストで迅速に依頼が実施できます。

ベジタリアとドコモは、2つのプロジェクトに、ディープラーニングを用いた高精度な画像解析技術を提供いたします。ドローンからの撮影データ、および水田センサから収集するデータを解析し、スマートフォンやタブレットで閲覧できるようにいたします。

水稲のモニタリングには、株式会社システムズエンジニアリングに協力いただき、ドローンでも利用できるハイパースペクトルカメラを使用いたします。また、撮影した画像データはウォーターセル株式会社が開発提供している営農管理システム「アグリノート」と連携し、農業従事者の方々でも簡単に見ることができる仕組みを構築いたします。

■実証プロジェクトの概要
1.目的

国家戦略特区である新潟市において、ドローンを活用した(1) 水稲のモニタリング及び栽培管理(水稲プロジェクト)、(2) 海岸保安林のマツ枯れ対策及び維持管理(海岸保安林プロジェクト)の2つから成る「ドローン実証プロジェクト」の検証。

2.実施期間(予定)
2016年9月21日(水)~2018年3月31日(金)

3.新潟市および各社の役割
(1) 新潟市
・新潟市における水田や海岸保安林のフィールド提供
・プロジェクトに必要な規制緩和の国への提案

(2) ドコモ
・画像データの分析
・水稲向け水管理支援システム「PaddyWatch」に搭載する通信モジュールの提供
※ 画像のデータ分析については、一部、株式会社オプティムと連携いたします。

(3) ベジタリア
・植物医師によるドローンで撮影した画像の診断及び分析した画像データの評価
・立体視による新しい材積算出策定
・水稲向け水管理支援システム「PaddyWatch」/屋外監視計測システム「FieldServer V」」/葉面濡れセンサの提供

(4) ACSL
・「水稲プロジェクト」におけるドローン機器及びカメラの提供、機器操作
・空中からの画像撮影、撮影画像の提供

(5) エアロセンス
・「海岸保安林プロジェクト」におけるドローン機器及びカメラの提供、機器操作
・空中からの画像撮影、撮影画像の提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る