健康経営にて業績向上、農業体験「TABICA」とぷち社食サービス「オフィスおかん」がサービス連携開始

 株式会社ガイアックスは、地元の人と交流ができる地域体験予約サイト「TABICA(タビカ、http://tabica.jp/)」が、株式会社おかんの運営するぷち社食サービス「オフィスおかん(https://company.okan.jp/)」とサービス連携を開始した。

従業員の健康増進を経営視点から重要視し、不健康に起因する生産性の低下を解消して、業績向上につなげる「健康経営」というキーワードは、日本の成長戦略である「日本再興戦略改定2014」にもその普及が明文化され、2014年3月には経済産業省と東京証券取引所が初めて「健康経営銘柄」として22銘柄選定・発表するなど、急速に社会的認知が高まりつつあります。

この度、従業員に対して健康的な食事摂取サポートを実現する「オフィスおかん」導入企業を対象に、「TABICA」による農業体験プログラムパッケージを福利厚生サービスの一環として提供することで、従業員個人の健康意識を高め、”楽しく”食と素材について学ぶ場を提供することが可能となります。オフィス内にとどまらず、その余暇においてもライフスタイルの充実に貢献することを目指します。

●季節ごとに旬な「大人の食育体験」をTABICAが提供
健康経営にて業績向上、農業体験「TABICA」とぷち社食サービス「オフィスおかん」がサービス連携開始TABICAでは、季節の彩りを大切にした農業体験を用意しています。「オフィスおかん」導入企業の従業員に対して、以下のプログラムの提供を予定しています。生産者と交流をしながら、そのこだわりと旬の味わいを、現地で体験できる「大人の食育」を意識した内容となっております。

・農業機械の入れない棚田で、昔ながらの手作業での稲刈り体験
・日本で古くから栽培されてきた在来種野菜の収穫体験
・農家で収穫した無農薬有機大豆を使った味噌づくり体験

●両社提携で、従業員のライフスタイルに根差した健康経営サポートを
今回のサービス連携により、「TABICA×オフィスおかん」のコラボレーション企画として、「大人の食育」を実現し、健康意識を高める旅行企画の開発、健康志向な「TABICA」ユーザーへの「おかん」商品の個食販売をおこなうなど、健康経営を従業員のライフスタイルに根ざしたサポートを行うための様々な取り組みを引き続き検討してまいります。

●OLやワーキングマザーはじめ都心の社会人に人気の農業体験「TABICA」
TABICAでは「地域の暮らしを旅する」をコンセプトに、都市部から1時間程度で行ける日帰りの地域体験プログラムを提供しています。
現在、その地域体験の中で最も人気なのが農家に訪問する地域体験プログラムとなっており、TABICAの利用延べ人数のうち約8割を農業体験が占め、リピート率も高い水準となっています。

以上のことより、人々の「食の安全」や「ヘルスツーリズム」などへの関心が引き続き高まっていくと想定し、TABICAにおいても今後継続して食に関する地域体験プログラムの拡充をおこなってまいります。

●健康的な和惣菜を中心に、授業員の食生活を改善する「オフィスおかん」
導入企業様のオフィスに冷蔵庫・専用ボックスを設置し、健康的なお惣菜をはじめ、ご飯などを常備する「ぷち社食サービス」です。

導入企業様の従業員は、「さばの味噌煮」「ひじき煮」「玄米ごはん」などのお食事を1品100円から、オフィス内でいつでも購入することができます。お食事のみならず、ご利用に際して必要となる専用集金ボックスや使い捨て耐熱皿、冷蔵庫などの付属品の貸与・提供も行います。

導入企業様は当サービスを利用することで、従来の社食と比較して圧倒的低コストで食にかかる福利厚生を充実し、仕事と食事のバランス=「ワーク・フード・バランス」の改善を推進していくことが可能です。2014年3月のサービスリリース以降現在、約350社にてご利用いただいております。

■関連URL
地元の人と交流ができる地域体験予約サイト「TABICA(タビカ)」http://tabica.jp/
地元の人と交流ができる地域体験予約サイト「TABICA(タビカ)」福利厚生プログラムページhttp://tabica.jp/okan/
ぷち社食サービス『オフィスおかん』https://office.okan.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  3. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  4. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  8. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  9. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  10. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  2. カナダ・トロントの新プロジェクト。建築デザインに農業を融合させた「アグリテクチャー(Agri-Tecture)」
     カナダでは各都市による「グリーン・シティ」開発が進められており、例えば、バンクーバー市は2020年…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
ページ上部へ戻る