サラダクラブ、国産のクレソンを使用した大人向けのサラダ「クレソンサラダ」を発売

 パッケージサラダの株式会社サラダクラブは、2016年10月5日から2017年5月までの期間限定で「こだわりサラダ(トレータイプ)」シリーズから、国産のクレソンを使用した「クレソンサラダ」(85g/198円)を、全国(一部エリアを除く)で発売する。
サラダクラブ、国産のクレソンを使用した大人向けのサラダ「クレソンサラダ」を発売

クレソンは、ピリっとした辛みと爽やかな香りが特長の緑黄色野菜です。肉料理の付け合せというイメージが強い野菜でしたが、近年、スーパーの店頭などでも販売されるようになり、サラダをはじめ、炒め物や和え物、スープなどの様々な料理に使用されています。

今回発売する「クレソンサラダ」は、大根をベースに、クレソン、レッドキャベツ、水菜、グリーンリーフレタス、赤パプリカを彩りよく盛り付けしました。健康や美容意識の高い20代~30代の女性をターゲットにしており、クレソンの辛みと爽やかな香りがくせになる、大人向けのサラダです。

袋から出してそのまま食べられる便利なトレータイプのため、朝食やランチタイムなど、日常生活の様々なシーンでパッケージサラダを手軽に取り入れていただけます。

【商品概要】
1.商品名/内容量/参考小売価格(税抜き):「クレソンサラダ」(85g/198円)
2.販売期間:2016年10月5日(水)~2017年5月
3.販売地域:全国(一部エリアを除く)
4.栄養成分表示(1パック(85g)当たり):
  エネルギー:17kcal
  たんぱく質:0.7g
  脂質:0.1g
  炭水化物:3.7g
  ナトリウム:14mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  2. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  4. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  7. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  8. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  9. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  10. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  3. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  4. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
ページ上部へ戻る