フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ

 フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「フューチャー・ライス・プログラム」にて田んぼアートが整備された。田んぼアートは2015年から開始し、今年で3回目。今年は1000m2の田んぼに、フィリピン大統領のドゥテルテ氏、副大統領のロブレド氏の顔を描いた。
フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
「田んぼアート」ではフィリピンの品種をベースに、黒い部分は葉が黒紫色に着色する韓国の品種を採用し、約30名の農家が協力して、苗を定植して完成させた、という。

 本イベントは、安全保障・食料自給率の維持、フィリピン米のブランド向上、生産者の所得向上などを目的に開催され、特に稲作農業・コメ作りに若者が興味を持ってもらうことに主軸を置いている。

そのためには今までとは異なるアプローチも必要ということで、最新技術やアグロツーリズムとして「観光要素」を付加。周辺の自然を楽しんでもらいながら、農業用ドローン、苗の自動定植機、クリーン・エネルギー施設、有機農業など幅広い技術を紹介・体験できるとともに、ボートやカヤックで楽しむこともできる。
フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
今後はさらなる拡大を検討しており、技術展示用の栽培区画として約5haを確保し、既に整備をスタートしている。今後も「フューチャー・ライス・プログラム」では、今までにはない新しい提案を行っていく、という。

※ Pic: FutureRice Programより、Philippine Rice Research Institute

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
ページ上部へ戻る