フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ

 フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「フューチャー・ライス・プログラム」にて田んぼアートが整備された。田んぼアートは2015年から開始し、今年で3回目。今年は1000m2の田んぼに、フィリピン大統領のドゥテルテ氏、副大統領のロブレド氏の顔を描いた。
フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
「田んぼアート」ではフィリピンの品種をベースに、黒い部分は葉が黒紫色に着色する韓国の品種を採用し、約30名の農家が協力して、苗を定植して完成させた、という。

 本イベントは、安全保障・食料自給率の維持、フィリピン米のブランド向上、生産者の所得向上などを目的に開催され、特に稲作農業・コメ作りに若者が興味を持ってもらうことに主軸を置いている。

そのためには今までとは異なるアプローチも必要ということで、最新技術やアグロツーリズムとして「観光要素」を付加。周辺の自然を楽しんでもらいながら、農業用ドローン、苗の自動定植機、クリーン・エネルギー施設、有機農業など幅広い技術を紹介・体験できるとともに、ボートやカヤックで楽しむこともできる。
フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
今後はさらなる拡大を検討しており、技術展示用の栽培区画として約5haを確保し、既に整備をスタートしている。今後も「フューチャー・ライス・プログラム」では、今までにはない新しい提案を行っていく、という。

※ Pic: FutureRice Programより、Philippine Rice Research Institute

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  2. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  3. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  5. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  8. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・トロントの新プロジェクト。建築デザインに農業を融合させた「アグリテクチャー(Agri-Tecture)」
     カナダでは各都市による「グリーン・シティ」開発が進められており、例えば、バンクーバー市は2020年…
  2. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  3. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る