マルコメ、台湾向け越境ECサイトを公開。クレジットカード決済・日本から最短3日で発送可能

 マルコメ株式会社は、スターフィールド株式会社が開発する越境ECシステム「LaunchCart」(http://launchcart.jp/)を利用し、同社初となる越境ECサイト「丸米官方購買網」(https://marukome-globalshop.com/)を台湾の方向けに2016年9月16日より公開した。
マルコメ、台湾向け越境ECサイト「丸米官方購買網」公開。クレジットカード決済・日本から最短3日で発送可能
■越境ECサイト開設の背景
当社はいつでもどこでもマルコメ製品を購入いただけるよう、2004年7月より「マルコメオンラインショップ」(http://www.marukome-shop.jp/)を国内向けに運営してまいりました。

最近は訪日客も増え、海外の方が和食の定番メニューのひとつであるみそ汁を食べてくださる機会が生まれています。

ただ、国内に比べ、「マルコメ」=「味噌」「発酵食品」「糀」「大豆」というイメージはまだ海外では定着しているとはいえず、世界的に和食への興味の高まりや、理解が進みつつある今こそ、海外のお客様にも同様の場を提供したいとの思いで当社としては初の試みとなる越境ECサイトを開設いたしました。

最初に台湾を選んだ理由は、何より親日国であり、既にみそ汁を飲む習慣のある国ということが決め手でした。台湾にも味噌メーカーはありますが、即席みそ汁はあまり製造していないことから、参入する需要があると考えました。

■越境ECサイト 「丸米官方購買網」について
越境ECサイト「丸米官方購買網」(https://marukome-globalshop.com/)では、第一弾として、お土産としても人気の高い、フリーズドライの即席みそ汁、カップの即席みそ汁、簡単にみそ汁を作ることができる液みその3カテゴリの商品を販売いたします。

決済はクレジットカードのみ、配達方法はEMS(送料は1,400円~)、決済後、最短3日で発送いたします。

現地の食品展示会では生みそを使用し、殻付きの具を使用しているなど本格的な作りのカップみそ汁が圧倒的な人気を集めていました。また、繁体字版のFacebookページ(https://www.facebook.com/marukome.tw)も開設し、現地の皆様とのコミュニケーションを図っております。今後もこうした現地の方の声に耳を傾け、商品ラインアップを随時充実させていく予定です。

■今後の展開について
伝統的な日本の食品のひとつである味噌をはじめとする発酵食品を、より多くの海外の方に手軽に楽しんでいただけるよう、タイ、ベトナム、シンガポールなど東南アジアでの販売拡大を計画しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  4. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  10. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. ドーワテクノス、太陽光を有効活用した新しい農業資材。光合成促進調光ネットの国内販売を開始
     産業用設備の総合技術商社である株式会社ドーワテクノス(本社:福岡県北九州市、社長:小野裕和)は、台…
  3. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る