マルコメ、台湾向け越境ECサイトを公開。クレジットカード決済・日本から最短3日で発送可能

 マルコメ株式会社は、スターフィールド株式会社が開発する越境ECシステム「LaunchCart」(http://launchcart.jp/)を利用し、同社初となる越境ECサイト「丸米官方購買網」(https://marukome-globalshop.com/)を台湾の方向けに2016年9月16日より公開した。
マルコメ、台湾向け越境ECサイト「丸米官方購買網」公開。クレジットカード決済・日本から最短3日で発送可能
■越境ECサイト開設の背景
当社はいつでもどこでもマルコメ製品を購入いただけるよう、2004年7月より「マルコメオンラインショップ」(http://www.marukome-shop.jp/)を国内向けに運営してまいりました。

最近は訪日客も増え、海外の方が和食の定番メニューのひとつであるみそ汁を食べてくださる機会が生まれています。

ただ、国内に比べ、「マルコメ」=「味噌」「発酵食品」「糀」「大豆」というイメージはまだ海外では定着しているとはいえず、世界的に和食への興味の高まりや、理解が進みつつある今こそ、海外のお客様にも同様の場を提供したいとの思いで当社としては初の試みとなる越境ECサイトを開設いたしました。

最初に台湾を選んだ理由は、何より親日国であり、既にみそ汁を飲む習慣のある国ということが決め手でした。台湾にも味噌メーカーはありますが、即席みそ汁はあまり製造していないことから、参入する需要があると考えました。

■越境ECサイト 「丸米官方購買網」について
越境ECサイト「丸米官方購買網」(https://marukome-globalshop.com/)では、第一弾として、お土産としても人気の高い、フリーズドライの即席みそ汁、カップの即席みそ汁、簡単にみそ汁を作ることができる液みその3カテゴリの商品を販売いたします。

決済はクレジットカードのみ、配達方法はEMS(送料は1,400円~)、決済後、最短3日で発送いたします。

現地の食品展示会では生みそを使用し、殻付きの具を使用しているなど本格的な作りのカップみそ汁が圧倒的な人気を集めていました。また、繁体字版のFacebookページ(https://www.facebook.com/marukome.tw)も開設し、現地の皆様とのコミュニケーションを図っております。今後もこうした現地の方の声に耳を傾け、商品ラインアップを随時充実させていく予定です。

■今後の展開について
伝統的な日本の食品のひとつである味噌をはじめとする発酵食品を、より多くの海外の方に手軽に楽しんでいただけるよう、タイ、ベトナム、シンガポールなど東南アジアでの販売拡大を計画しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  3. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  4. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  5. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  9. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
ページ上部へ戻る