パタゴニアの新しい食品ビジネス 「パタゴニア プロビジョンズ」日本にて本格的に開始

 アウトドアウェア・メーカーのパタゴニア日本支社は2016年9月15日に、パタゴニアの新しい食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」を本格的に開始する。商品はパタゴニア直営店/通信販売/オンラインショップにて販売する。
パタゴニア プロビジョンズ: http://www.patagonia.jp/provisions
パタゴニアの新しい食品ビジネス 「パタゴニア プロビジョンズ」日本にて本格的に開始
パタゴニアは2011年に食品専門の部門「パタゴニア プロビジョンズ」を立ち上げました。アパレル会社が食品について気遣うというのは奇妙に聞こえるかもしれませんが、その発端はコットン業界にありました。

私たちがかつて作っていたコットンTシャツには、人体に害を与える化学薬品が多く含まれていました。それを知った私たちは、自身や地球への悪影響を最小限に抑える決断をするため、衣類を製造する全工程の追跡をはじめ、その後に全てのコットン製品を100%オーガニックコットンに切り替えました。

確かにコストは嵩みましたが、この決断によって、何千キロもの有害な化学薬品の使用を抑えることができました。これはパタゴニアの最大の成功の物語のひとつです。

そしていま、私たちは同じ種類の変革を食品業界にもたらしたいと考えています。
今日の地球温暖化は、もはや議論の余地のない事実です。地球の気温が上昇しつづけ、沿岸地域は海面上昇に直面し、海は酸性度が増して生命を支えられなくなり、多くの種が通常の生息地で繁栄できなくなっています。

気候変動の原因となる温室効果ガスをもたらしている最大の原因のひとつが、現代の食品製造業です。そしてこの業界ほど危機が緊急に感じられる分野はありません。

「パタゴニア プロビジョンズ」の目標は、私たちが行うすべてのことと同じく「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える」こと。

そして最も重要なことは、「ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」ことです。それがコットンTシャツであっても食品の製造であっても同じことであり、私たちは、農業や水産業、そして食品が自然界にとても重大な影響を与えていることを無視することはできないのです。

そしてついに「パタゴニア プロビジョンズ」を日本にて本格的に展開することとなりました。

2016年秋に登場する食品は、生息数が豊富な天然魚だけを捕獲して加工したスモークサーモン、それにオーガニック農場から調達した果物、アーモンド、シード、果汁のみを使用したエナジーバー、そして煎った4種のオーガニック穀類と乾燥オーガニック野菜入りのスープミックス。どれも私たち自身が食べたいと思う、そして気軽に携帯できる美味しい食品です。

一夜にして食品産業を変えられるとは思っていません。しかし袖をまくり上げ、みずから行動を起こすことにより、破壊的な農業や水産業の実践に反撃する新たなアイデアを植えつけ、そしてもちろん美味しい食べ物を分かち合いたいと考えています。

■会社概要
パタゴニア社 Patagonia, Inc.

米国カリフォルニア州ベンチュラに本社を置くアウトドア・アパレル企業のパタゴニアは、1973年、イヴォン・シュイナードによって設立されました。

Bコーポレーションとして認証され、「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」をミッションとしています。
パタゴニアは確かな製品品質へのコミットメントと環境に関する活動において国際的に知られ、これまでに7,700万ドル以上を助成金や製品寄付として提供しています。

パタゴニア日本支社 Patagonia International Inc., Japan Branch
所在地  :神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1 BELISTAタワー東戸塚5階
設立年月日:1988年8月23日
日本支社長:辻井 隆行
公式ウェブサイト: http://www.patagonia.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  2. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  3. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  4. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  5. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  6. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  7. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  8. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
ページ上部へ戻る