パタゴニアの新しい食品ビジネス 「パタゴニア プロビジョンズ」日本にて本格的に開始

 アウトドアウェア・メーカーのパタゴニア日本支社は2016年9月15日に、パタゴニアの新しい食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」を本格的に開始する。商品はパタゴニア直営店/通信販売/オンラインショップにて販売する。
パタゴニア プロビジョンズ: http://www.patagonia.jp/provisions
パタゴニアの新しい食品ビジネス 「パタゴニア プロビジョンズ」日本にて本格的に開始
パタゴニアは2011年に食品専門の部門「パタゴニア プロビジョンズ」を立ち上げました。アパレル会社が食品について気遣うというのは奇妙に聞こえるかもしれませんが、その発端はコットン業界にありました。

私たちがかつて作っていたコットンTシャツには、人体に害を与える化学薬品が多く含まれていました。それを知った私たちは、自身や地球への悪影響を最小限に抑える決断をするため、衣類を製造する全工程の追跡をはじめ、その後に全てのコットン製品を100%オーガニックコットンに切り替えました。

確かにコストは嵩みましたが、この決断によって、何千キロもの有害な化学薬品の使用を抑えることができました。これはパタゴニアの最大の成功の物語のひとつです。

そしていま、私たちは同じ種類の変革を食品業界にもたらしたいと考えています。
今日の地球温暖化は、もはや議論の余地のない事実です。地球の気温が上昇しつづけ、沿岸地域は海面上昇に直面し、海は酸性度が増して生命を支えられなくなり、多くの種が通常の生息地で繁栄できなくなっています。

気候変動の原因となる温室効果ガスをもたらしている最大の原因のひとつが、現代の食品製造業です。そしてこの業界ほど危機が緊急に感じられる分野はありません。

「パタゴニア プロビジョンズ」の目標は、私たちが行うすべてのことと同じく「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える」こと。

そして最も重要なことは、「ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」ことです。それがコットンTシャツであっても食品の製造であっても同じことであり、私たちは、農業や水産業、そして食品が自然界にとても重大な影響を与えていることを無視することはできないのです。

そしてついに「パタゴニア プロビジョンズ」を日本にて本格的に展開することとなりました。

2016年秋に登場する食品は、生息数が豊富な天然魚だけを捕獲して加工したスモークサーモン、それにオーガニック農場から調達した果物、アーモンド、シード、果汁のみを使用したエナジーバー、そして煎った4種のオーガニック穀類と乾燥オーガニック野菜入りのスープミックス。どれも私たち自身が食べたいと思う、そして気軽に携帯できる美味しい食品です。

一夜にして食品産業を変えられるとは思っていません。しかし袖をまくり上げ、みずから行動を起こすことにより、破壊的な農業や水産業の実践に反撃する新たなアイデアを植えつけ、そしてもちろん美味しい食べ物を分かち合いたいと考えています。

■会社概要
パタゴニア社 Patagonia, Inc.

米国カリフォルニア州ベンチュラに本社を置くアウトドア・アパレル企業のパタゴニアは、1973年、イヴォン・シュイナードによって設立されました。

Bコーポレーションとして認証され、「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」をミッションとしています。
パタゴニアは確かな製品品質へのコミットメントと環境に関する活動において国際的に知られ、これまでに7,700万ドル以上を助成金や製品寄付として提供しています。

パタゴニア日本支社 Patagonia International Inc., Japan Branch
所在地  :神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1 BELISTAタワー東戸塚5階
設立年月日:1988年8月23日
日本支社長:辻井 隆行
公式ウェブサイト: http://www.patagonia.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  2. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  5. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  7. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  8. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  9. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  10. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  2. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  3. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  4. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
ページ上部へ戻る