味の素、北米の冷凍食品事業を強化・冷凍麺(日式ラーメン)販売開始

 味の素株式会社は、北米での冷凍食品事業拡大に向け「日式ラーメン」の販売を開始し、冷凍麺事業を強化する。
「日式ラーメン」は、2015年4月に味の素グループと東洋水産株式会社が合弁で設立した冷凍麺生産会社、味の素東洋フローズンヌードル社が生産、10月より味の素ウィンザー社(AWI社)の販売基盤で展開し、北米における冷凍食品事業の拡大を加速します。
味の素、北米の冷凍食品事業を強化・冷凍麺(日式ラーメン)販売開始
北米の冷凍食品市場(※)は約142.5億米ドル(約1.5兆円)で、特に日本食・アジア食カテゴリーは成長市場です。

日本食・アジア食カテゴリーの中でも冷凍麺市場は毎年二桁伸長を続けており、その市場規模は約1.1億米ドル(約113億円)と順調に拡大しています(2015年度当社推定)。
※ 冷凍ピザ、冷凍野菜、冷凍果実、冷凍肉、アイスクリームを除く。

このたび、東洋水産(株)の高い製麺技術と味の素冷凍食品(株)の生産技術、AWI社の開発技術の融合により、技術に裏付けられた高品質でスペシャリティを有する冷凍麺を、北米全土をカバーするAWI社の強固な販売基盤で展開することで、冷凍麺を冷凍米飯と並ぶコア製品群として育成し、北米の冷凍食品事業の拡大を加速します。

近年外食市場において「日式ラーメン」ブームが起きていることから、クラブストアやスーパーマーケット向けの製品に加え、外食フードサービス向けに冷凍麺と別添のスープが入った冷凍麺キットも発売します。
今後は「日式ラーメン」を中心とする日本食メニューを展開することで日本食・アジア食カテゴリーをさらに強化します。
※ 1米ドル=103.18円(2016年8月末レート)

<参考>
■味の素東洋フローズンヌードル社の概要

(1)英文会社名:Ajinomoto Toyo Frozen Noodles Inc.
(2)所在地:アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド市
(3)設立時期:2015年4月22日
(4)代表者:社長 竹村 加州男(たけむら かずお)
(5)従業員:約50名(2016年8月現在)
(6)事業内容:冷凍麺の製造
(7)資本金:20百万米ドル(約21億円)
(8)資本構成:
  味の素グループ 80%、
 (味の素ウィンザー社 40%、味の素(株)20%、味の素冷凍食品(株)20%)
  東洋水産(株)20%

■味の素ウィンザー社の概要
(1)英文会社名:Ajinomoto Windsor, Inc.
(2)所在地:アメリカ合衆国カリフォルニア州オンタリオ市
(3)設立時期:2000年6月30日
(4)代表者:社長 クレイマン ベルナルド
(5)従業員:約2,500名(2016年8月現在)
(6)事業内容:家庭用・外食用の調味料・冷凍食品の製造・販売
(7)販売地域:アメリカ、カナダ、メキシコ
(8)資本金:15.03百万米ドル(約15億円)
(9)資本構成:味の素北米ホールディングス社 約98%、味の素冷凍食品(株)約2%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  2. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  3. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  8. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  9. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  10. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  2. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  3. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る