味の素、北米の冷凍食品事業を強化・冷凍麺(日式ラーメン)販売開始

 味の素株式会社は、北米での冷凍食品事業拡大に向け「日式ラーメン」の販売を開始し、冷凍麺事業を強化する。
「日式ラーメン」は、2015年4月に味の素グループと東洋水産株式会社が合弁で設立した冷凍麺生産会社、味の素東洋フローズンヌードル社が生産、10月より味の素ウィンザー社(AWI社)の販売基盤で展開し、北米における冷凍食品事業の拡大を加速します。
味の素、北米の冷凍食品事業を強化・冷凍麺(日式ラーメン)販売開始
北米の冷凍食品市場(※)は約142.5億米ドル(約1.5兆円)で、特に日本食・アジア食カテゴリーは成長市場です。

日本食・アジア食カテゴリーの中でも冷凍麺市場は毎年二桁伸長を続けており、その市場規模は約1.1億米ドル(約113億円)と順調に拡大しています(2015年度当社推定)。
※ 冷凍ピザ、冷凍野菜、冷凍果実、冷凍肉、アイスクリームを除く。

このたび、東洋水産(株)の高い製麺技術と味の素冷凍食品(株)の生産技術、AWI社の開発技術の融合により、技術に裏付けられた高品質でスペシャリティを有する冷凍麺を、北米全土をカバーするAWI社の強固な販売基盤で展開することで、冷凍麺を冷凍米飯と並ぶコア製品群として育成し、北米の冷凍食品事業の拡大を加速します。

近年外食市場において「日式ラーメン」ブームが起きていることから、クラブストアやスーパーマーケット向けの製品に加え、外食フードサービス向けに冷凍麺と別添のスープが入った冷凍麺キットも発売します。
今後は「日式ラーメン」を中心とする日本食メニューを展開することで日本食・アジア食カテゴリーをさらに強化します。
※ 1米ドル=103.18円(2016年8月末レート)

<参考>
■味の素東洋フローズンヌードル社の概要

(1)英文会社名:Ajinomoto Toyo Frozen Noodles Inc.
(2)所在地:アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド市
(3)設立時期:2015年4月22日
(4)代表者:社長 竹村 加州男(たけむら かずお)
(5)従業員:約50名(2016年8月現在)
(6)事業内容:冷凍麺の製造
(7)資本金:20百万米ドル(約21億円)
(8)資本構成:
  味の素グループ 80%、
 (味の素ウィンザー社 40%、味の素(株)20%、味の素冷凍食品(株)20%)
  東洋水産(株)20%

■味の素ウィンザー社の概要
(1)英文会社名:Ajinomoto Windsor, Inc.
(2)所在地:アメリカ合衆国カリフォルニア州オンタリオ市
(3)設立時期:2000年6月30日
(4)代表者:社長 クレイマン ベルナルド
(5)従業員:約2,500名(2016年8月現在)
(6)事業内容:家庭用・外食用の調味料・冷凍食品の製造・販売
(7)販売地域:アメリカ、カナダ、メキシコ
(8)資本金:15.03百万米ドル(約15億円)
(9)資本構成:味の素北米ホールディングス社 約98%、味の素冷凍食品(株)約2%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  2. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  9. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
ページ上部へ戻る