味の素、北米の冷凍食品事業を強化・冷凍麺(日式ラーメン)販売開始

 味の素株式会社は、北米での冷凍食品事業拡大に向け「日式ラーメン」の販売を開始し、冷凍麺事業を強化する。
「日式ラーメン」は、2015年4月に味の素グループと東洋水産株式会社が合弁で設立した冷凍麺生産会社、味の素東洋フローズンヌードル社が生産、10月より味の素ウィンザー社(AWI社)の販売基盤で展開し、北米における冷凍食品事業の拡大を加速します。
味の素、北米の冷凍食品事業を強化・冷凍麺(日式ラーメン)販売開始
北米の冷凍食品市場(※)は約142.5億米ドル(約1.5兆円)で、特に日本食・アジア食カテゴリーは成長市場です。

日本食・アジア食カテゴリーの中でも冷凍麺市場は毎年二桁伸長を続けており、その市場規模は約1.1億米ドル(約113億円)と順調に拡大しています(2015年度当社推定)。
※ 冷凍ピザ、冷凍野菜、冷凍果実、冷凍肉、アイスクリームを除く。

このたび、東洋水産(株)の高い製麺技術と味の素冷凍食品(株)の生産技術、AWI社の開発技術の融合により、技術に裏付けられた高品質でスペシャリティを有する冷凍麺を、北米全土をカバーするAWI社の強固な販売基盤で展開することで、冷凍麺を冷凍米飯と並ぶコア製品群として育成し、北米の冷凍食品事業の拡大を加速します。

近年外食市場において「日式ラーメン」ブームが起きていることから、クラブストアやスーパーマーケット向けの製品に加え、外食フードサービス向けに冷凍麺と別添のスープが入った冷凍麺キットも発売します。
今後は「日式ラーメン」を中心とする日本食メニューを展開することで日本食・アジア食カテゴリーをさらに強化します。
※ 1米ドル=103.18円(2016年8月末レート)

<参考>
■味の素東洋フローズンヌードル社の概要

(1)英文会社名:Ajinomoto Toyo Frozen Noodles Inc.
(2)所在地:アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド市
(3)設立時期:2015年4月22日
(4)代表者:社長 竹村 加州男(たけむら かずお)
(5)従業員:約50名(2016年8月現在)
(6)事業内容:冷凍麺の製造
(7)資本金:20百万米ドル(約21億円)
(8)資本構成:
  味の素グループ 80%、
 (味の素ウィンザー社 40%、味の素(株)20%、味の素冷凍食品(株)20%)
  東洋水産(株)20%

■味の素ウィンザー社の概要
(1)英文会社名:Ajinomoto Windsor, Inc.
(2)所在地:アメリカ合衆国カリフォルニア州オンタリオ市
(3)設立時期:2000年6月30日
(4)代表者:社長 クレイマン ベルナルド
(5)従業員:約2,500名(2016年8月現在)
(6)事業内容:家庭用・外食用の調味料・冷凍食品の製造・販売
(7)販売地域:アメリカ、カナダ、メキシコ
(8)資本金:15.03百万米ドル(約15億円)
(9)資本構成:味の素北米ホールディングス社 約98%、味の素冷凍食品(株)約2%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  2. カナダ・トロントの新プロジェクト。建築デザインに農業を融合させた「アグリテクチャー(Agri-Tecture)」
     カナダでは各都市による「グリーン・シティ」開発が進められており、例えば、バンクーバー市は2020年…
  3. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  4. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
ページ上部へ戻る