NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生

 NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度栽培を開始した。2016年度は、サイボウズ株式会社が提供するクラウドシステム「kintone」を活用し、全国の農家とIoTセンサーのデータを共有しながら生産を進める。
NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
【概要】
提携農場 :全国7道県 北海道、青森県、茨城県、千葉県、熊本県、宮崎県、鹿児島県
販売開始日:2016年11月
販売店舗 :全国の量販店、生協
販売目標 :2016年度産 90万袋(昨年対比145%)

【注目される機能性野菜】
ライフスタイルの変化や高齢化の進行にともない、食生活における国民の健康志向は高まっています。この流れを受け、機能性表示食品制度や栄養機能食品制度などを活用し、健康維持増進に関わる機能を訴求した「機能性食品」が相次いで発売されています。
生鮮食品においても機能性の表示が可能となったことで、機能性に着目した品種の野菜が一部で登場しています。

リコピン人参「こいくれない」は、通常人参に含まれるβカロテンに加え、通常の人参にはほぼ含まれないリコピンを含んでおります。人参独特のにおいが少なく、甘みが強いため、野菜の苦手なお子様でも食べやすいと好評をいただいています。

しかしながら「こいくれない」は、通常の人参よりも旬が短く、一つの地域で1ヵ月ほどしか収穫できません。小売に流通させられるほどの収穫量が確保できないため、一般的なスーパーなどでの販売は難しいとされていました。

【IoT×地域を超えたチームワーク農業で、機能性野菜の市場流通量を確保】
NKアグリは、「こいくれない」を長期間出荷できる体制を作り、全国規模の流通体制を構築するため、2015年度から全国7箇所の農家との提携を開始いたしました。

提携開始に伴い、NKアグリは全国各地にセンサーを設置、気象データをクラウドシステム「kintone」に集約する仕組みを作りました。このセンサーデータと、独自に解析した栽培条件を掛けあわせて、各地域の「こいくれない」“旬”の収穫時期を予測。

提携農家には、この予測を基に、収穫時期のお知らせや栽培に関する助言を実施しました。その結果、初年度である2015年度は、こいくれない人参を500トン生産することに成功いたしました。

さらにこの取組みは、総務省が主催する「地域情報化大賞2015」において「地域サービス創生部門賞」を受賞し、ブランド野菜の提供を通じた地方創生の模範的な事例としてご評価いただいています。

【2016年度からの新たな取組み】
2016年度からは「kintone」で構築したIoTシステムを、提携農家にも解放いたします。収穫予測日や栽培の進捗状況を農家と共有し、「kintone」上で議論を重ね栽培精度を向上することで、βカロテンなどのプロビタミンAの量を把握し、露地野菜では初めての「栄養機能食品」として販売いたします。

日本の農業は、各地域に閉じた状態での経済活動が進んでおり、地域をまたいだ生産の取り組みや、ノウハウ共有の文化はありませんでした。「kintone」によって全国の農家がつながることで、地域を超えたチームワーク農業のモデル構築ができると考えています。NKアグリは、今後も農業の成長産業化に貢献し、未だ市場に流通されていない、新しい野菜を市場に提案してまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  4. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  5. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  8. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  4. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
ページ上部へ戻る