ファームかずと、国産の高糖度とうもろこしを独自技術で急速冷凍化・シンガポール富裕層向けに輸出・販売開始

 農業生産法人株式会社ファームかずとは、自社栽培の高糖度フルーツコーン「ゴールドラッシュ」を冷凍加工し、「超冷凍フルーツコーン」(商標登録申請中)として2016年10月よりシンガポールに輸出を始める。
また、現地のS00N SENG HUAT社と提携し、2016年10月21日から、シンガポール明治屋での長野県フェアを皮切りに、シンガポール国内での販売を開始する。

「ゴールドラッシュ」 http://www.farmkazuto.co.jp/SHOP/0007.html
ファームかずと、国産の高糖度とうもろこしを独自技術で急速冷凍化・シンガポール富裕層向けに輸出・販売開始
生でも食べられる高糖度トウモロコシは、従来の冷凍、レトルトなどの保存方法では質の劣化が大きいことが課題でした。これを、液体急速冷凍(ブライン凍結)技術を活用することで、粒の鮮度感と甘さを保持することが可能となりました。

自社加工場の建設にあたっては、2013年に農水省の6次産業化事業計画の認定を受け、補助事業を利用しました。農家が加工所を持つことで、収穫直後の新鮮な状態を、そのまま急速冷凍加工できるメリットがあります。

国内でも、既に百貨店など複数の通販カタログに掲載されるなど、注目を集めています。今後は、国内市場とともに、他のアジア、中東圏での販売にむけて対応していきたいと考えています。

■「ゴールドラッシュ」について
「ゴールドラッシュ」(サカタのタネ)は、高糖度トウモロコシの代表的品種のひとつで、種皮が柔らかくフルーツのような甘さを持つトウモロコシです。

平野部で生産する場合、糖度は14-16度程度ですが、当社の「ゴールドラッシュ」は最盛期には糖度20度を超えます。この品質が評価され、百貨店などで、市販価格250円前後で販売されています。

【会社概要】
法人名 : 農業生産法人株式会社ファームかずと
代表者 : 代表取締役 山本 昌典
所在地 : 〒389-1316 長野県上水内郡信濃町大字大井262-2
法人設立: 2008年6月
資本金 : 300万円
従業員数: 4名
業務内容: 露地野菜の生産・販売
URL   : http://www.farmkazuto.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  2. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  3. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  2. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る