ファームかずと、国産の高糖度とうもろこしを独自技術で急速冷凍化・シンガポール富裕層向けに輸出・販売開始

 農業生産法人株式会社ファームかずとは、自社栽培の高糖度フルーツコーン「ゴールドラッシュ」を冷凍加工し、「超冷凍フルーツコーン」(商標登録申請中)として2016年10月よりシンガポールに輸出を始める。
また、現地のS00N SENG HUAT社と提携し、2016年10月21日から、シンガポール明治屋での長野県フェアを皮切りに、シンガポール国内での販売を開始する。

「ゴールドラッシュ」 http://www.farmkazuto.co.jp/SHOP/0007.html
ファームかずと、国産の高糖度とうもろこしを独自技術で急速冷凍化・シンガポール富裕層向けに輸出・販売開始
生でも食べられる高糖度トウモロコシは、従来の冷凍、レトルトなどの保存方法では質の劣化が大きいことが課題でした。これを、液体急速冷凍(ブライン凍結)技術を活用することで、粒の鮮度感と甘さを保持することが可能となりました。

自社加工場の建設にあたっては、2013年に農水省の6次産業化事業計画の認定を受け、補助事業を利用しました。農家が加工所を持つことで、収穫直後の新鮮な状態を、そのまま急速冷凍加工できるメリットがあります。

国内でも、既に百貨店など複数の通販カタログに掲載されるなど、注目を集めています。今後は、国内市場とともに、他のアジア、中東圏での販売にむけて対応していきたいと考えています。

■「ゴールドラッシュ」について
「ゴールドラッシュ」(サカタのタネ)は、高糖度トウモロコシの代表的品種のひとつで、種皮が柔らかくフルーツのような甘さを持つトウモロコシです。

平野部で生産する場合、糖度は14-16度程度ですが、当社の「ゴールドラッシュ」は最盛期には糖度20度を超えます。この品質が評価され、百貨店などで、市販価格250円前後で販売されています。

【会社概要】
法人名 : 農業生産法人株式会社ファームかずと
代表者 : 代表取締役 山本 昌典
所在地 : 〒389-1316 長野県上水内郡信濃町大字大井262-2
法人設立: 2008年6月
資本金 : 300万円
従業員数: 4名
業務内容: 露地野菜の生産・販売
URL   : http://www.farmkazuto.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  3. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  4. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  5. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  6. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  9. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  2. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  4. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
ページ上部へ戻る