ファームかずと、国産の高糖度とうもろこしを独自技術で急速冷凍化・シンガポール富裕層向けに輸出・販売開始

 農業生産法人株式会社ファームかずとは、自社栽培の高糖度フルーツコーン「ゴールドラッシュ」を冷凍加工し、「超冷凍フルーツコーン」(商標登録申請中)として2016年10月よりシンガポールに輸出を始める。
また、現地のS00N SENG HUAT社と提携し、2016年10月21日から、シンガポール明治屋での長野県フェアを皮切りに、シンガポール国内での販売を開始する。

「ゴールドラッシュ」 http://www.farmkazuto.co.jp/SHOP/0007.html
ファームかずと、国産の高糖度とうもろこしを独自技術で急速冷凍化・シンガポール富裕層向けに輸出・販売開始
生でも食べられる高糖度トウモロコシは、従来の冷凍、レトルトなどの保存方法では質の劣化が大きいことが課題でした。これを、液体急速冷凍(ブライン凍結)技術を活用することで、粒の鮮度感と甘さを保持することが可能となりました。

自社加工場の建設にあたっては、2013年に農水省の6次産業化事業計画の認定を受け、補助事業を利用しました。農家が加工所を持つことで、収穫直後の新鮮な状態を、そのまま急速冷凍加工できるメリットがあります。

国内でも、既に百貨店など複数の通販カタログに掲載されるなど、注目を集めています。今後は、国内市場とともに、他のアジア、中東圏での販売にむけて対応していきたいと考えています。

■「ゴールドラッシュ」について
「ゴールドラッシュ」(サカタのタネ)は、高糖度トウモロコシの代表的品種のひとつで、種皮が柔らかくフルーツのような甘さを持つトウモロコシです。

平野部で生産する場合、糖度は14-16度程度ですが、当社の「ゴールドラッシュ」は最盛期には糖度20度を超えます。この品質が評価され、百貨店などで、市販価格250円前後で販売されています。

【会社概要】
法人名 : 農業生産法人株式会社ファームかずと
代表者 : 代表取締役 山本 昌典
所在地 : 〒389-1316 長野県上水内郡信濃町大字大井262-2
法人設立: 2008年6月
資本金 : 300万円
従業員数: 4名
業務内容: 露地野菜の生産・販売
URL   : http://www.farmkazuto.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  2. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  3. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  6. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  4. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
ページ上部へ戻る