バイキングで楽しむ“スーパーフード” 9月5日より全国の「はーべすと」にて秋季限定メニューが登場

 株式会社クリエイト・レストランツが運営する、自然食バイキング「はーべすと」では、料理研究家の河合 真理氏監修の下、話題の“スーパーフード”を使った秋季限定メニューの提供を2016年9月5日~2016年11月30日の期間限定で実施する。

“スーパーフード”とは、一般的な食品よりも特定の必須栄養素や成分が多く含まれる、主に植物由来の食品の総称です。
また、日本でも“スーパーフード”の認知度はますます上がってきており、話題性も市場規模も大きくなってきています。「体に優しい」「野菜たっぷり」をテーマとし、特に女性のお客様が多い自然食バイキングの「はーべすと」とは非常に相性の良い食品です。

「はーべすと」では、昨年の秋より“スーパーフード”を取り入れたメニューを提供しており、お客様から非常に好評をいただいております。
2016年は、昨年の秋以降に取り入れている「キヌア」や「チアシード」だけではなく、「ワイルドライス」や「亜麻仁」、「クコの実」を使った料理もご用意し、メイン料理からデザートまで、バラエティ豊かな“スーパーフード”を使った料理をお客様にお楽しみいただきます。

【“スーパーフード”を使用したメニュー(一例)】
<醤油麹に漬けた柔らかローストビーフサラダ>

バイキングで楽しむ“スーパーフード” 9月5日より全国の「はーべすと」にて秋季限定メニューが登場
醤油麹に漬け込むことで柔らかく仕上げたローストビーフを、生野菜や焼き野菜と一緒にお召し上がりいただきます。「チアシード」が入った粒マスタードドレッシングで、お肉とお野菜をたっぷりお召し上がりいただける、2016年秋一押しのメニュー。

【本件概要】
■開催期間:2016年9月5日(月)~2016年11月30日(水)
※開始日、終了日は店舗により変更となることがございます

■開催店舗:はーべすと(全国12店舗)
※姉妹店の菜蒔季、草楽においても、秋の新メニューをご用意しています。
※一部の店舗、時間帯により、提供していないお料理もございます。
URL: http://www.create-restaurants.co.jp/

【“スーパーフード”について】
一般的な食品よりも、特定の必須栄養素や成分が多く含まれる、主に植物由来の食品の総称。1980年代よりアメリカやカナダで提唱され、近年、ますます注目を集めています。

・キヌア
ほうれん草の近縁にあたる、インカ文明を支えた穀物。精白米と比較し、たんぱく質が約2倍、鉄分が約5倍、カルシウムが約6倍、食物繊維が約11倍と、高い栄養価を持つ。

・チアシード
メキシコ原産のシソ科の一年草。浸水させると10倍程に膨らみ、ジェル状になる。食物繊維のグルコマンナンとたんぱく質を多く含む。

・ワイルドライス
イネ科マコモ族「マコモダケ」の種子。たんぱく質、ビタミンB2、食物繊維を多く含み、インディアンの常用食とされた。

・亜麻仁
人類が初めて栽培した植物のひとつと言われている、地中海地方原産の自生植物。必須脂肪酸のn-3系脂肪酸(オメガ3)のα-リノレン酸を多く含む。

・クコの実
別名「ゴジベリー」。ナス科クコ属であるクコの果実。中国に置いては、3000年以上も昔から漢方薬などに利用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  8. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  9. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  10. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  2. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
ページ上部へ戻る