バイキングで楽しむ“スーパーフード” 9月5日より全国の「はーべすと」にて秋季限定メニューが登場

 株式会社クリエイト・レストランツが運営する、自然食バイキング「はーべすと」では、料理研究家の河合 真理氏監修の下、話題の“スーパーフード”を使った秋季限定メニューの提供を2016年9月5日~2016年11月30日の期間限定で実施する。

“スーパーフード”とは、一般的な食品よりも特定の必須栄養素や成分が多く含まれる、主に植物由来の食品の総称です。
また、日本でも“スーパーフード”の認知度はますます上がってきており、話題性も市場規模も大きくなってきています。「体に優しい」「野菜たっぷり」をテーマとし、特に女性のお客様が多い自然食バイキングの「はーべすと」とは非常に相性の良い食品です。

「はーべすと」では、昨年の秋より“スーパーフード”を取り入れたメニューを提供しており、お客様から非常に好評をいただいております。
2016年は、昨年の秋以降に取り入れている「キヌア」や「チアシード」だけではなく、「ワイルドライス」や「亜麻仁」、「クコの実」を使った料理もご用意し、メイン料理からデザートまで、バラエティ豊かな“スーパーフード”を使った料理をお客様にお楽しみいただきます。

【“スーパーフード”を使用したメニュー(一例)】
<醤油麹に漬けた柔らかローストビーフサラダ>

バイキングで楽しむ“スーパーフード” 9月5日より全国の「はーべすと」にて秋季限定メニューが登場
醤油麹に漬け込むことで柔らかく仕上げたローストビーフを、生野菜や焼き野菜と一緒にお召し上がりいただきます。「チアシード」が入った粒マスタードドレッシングで、お肉とお野菜をたっぷりお召し上がりいただける、2016年秋一押しのメニュー。

【本件概要】
■開催期間:2016年9月5日(月)~2016年11月30日(水)
※開始日、終了日は店舗により変更となることがございます

■開催店舗:はーべすと(全国12店舗)
※姉妹店の菜蒔季、草楽においても、秋の新メニューをご用意しています。
※一部の店舗、時間帯により、提供していないお料理もございます。
URL: http://www.create-restaurants.co.jp/

【“スーパーフード”について】
一般的な食品よりも、特定の必須栄養素や成分が多く含まれる、主に植物由来の食品の総称。1980年代よりアメリカやカナダで提唱され、近年、ますます注目を集めています。

・キヌア
ほうれん草の近縁にあたる、インカ文明を支えた穀物。精白米と比較し、たんぱく質が約2倍、鉄分が約5倍、カルシウムが約6倍、食物繊維が約11倍と、高い栄養価を持つ。

・チアシード
メキシコ原産のシソ科の一年草。浸水させると10倍程に膨らみ、ジェル状になる。食物繊維のグルコマンナンとたんぱく質を多く含む。

・ワイルドライス
イネ科マコモ族「マコモダケ」の種子。たんぱく質、ビタミンB2、食物繊維を多く含み、インディアンの常用食とされた。

・亜麻仁
人類が初めて栽培した植物のひとつと言われている、地中海地方原産の自生植物。必須脂肪酸のn-3系脂肪酸(オメガ3)のα-リノレン酸を多く含む。

・クコの実
別名「ゴジベリー」。ナス科クコ属であるクコの果実。中国に置いては、3000年以上も昔から漢方薬などに利用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  7. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  8. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  9. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  10. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  2. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  3. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る