農家・漁師から直接買える、直接話せる。スマホアプリ「ポケットマルシェ」スタート!

 株式会社ポケットマルシェは、全国各地の農家・漁師とネット上でつながり、直接購入できる無料スマホアプリ『ポケットマルシェ』を、App StoreおよびGoogle Play ストアで公開した。
農家・漁師のみが出店する“スマホ内のマルシェ”で好きな食材を検索。生産者と直接会話をしながら食材を購入することができる。また、アプリ内のマガジンで旬や食べ方・生産現場を知ることもできる、という。
農家・漁師から直接買える、直接話せる。スマホアプリ「ポケットマルシェ」スタート!
▼App Store https://itunes.apple.com/jp/app/pokettomarushe-nong-jia-yu/id1131885331
▼Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=com.pokem.pocketmarche
※ウェブ版 http://poke-m.com

【ヤマト運輸とも連携。全ての業務をスマホ上で完結】
これまで生産者から個人への直接販売においては、出品から伝票・配送・顧客管理・入金などの煩雑な業務が課題になっていました。そこでポケットマルシェでは、それらの業務を全てスマホ上で行える業務アプリを生産者に提供しています。
また、伝票管理においては、ヤマト運輸株式会社と連携。注文が入ると自動的に配送伝票をドライバーが生産者の元へ届ける仕組みを構築しました。

【首相夫人をはじめとした全国100名以上の生産者が登録】
『ポケットマルシェ』には、北海道から沖縄まで100名を超える生産者が登録されており、山口県で無農薬農業を行う安倍 昭恵首相夫人の名前もあります。北海道や三陸の海産物、無農薬で育てた野菜セット、希少なあか牛や沖縄初の地鶏など、全国から様々な食材が並んでいます。
また、全国34地域から発行されている食べもの付き情報誌「食べる通信」とも連携し、今後も全国の生産者との関係構築、コミュニケーションのサポートを行います。

【『ポケットマルシェ』の特長】
1. 出店者は100%農家もしくは漁師

多くのECサイトと異なり、農家・漁師以外の中間業者などを完全にカットしているため、生産者直送の旬で新鮮な食材を購入することができます。

2. コミュニティ機能
お気に入りの生産者をフォローし、会話を楽しむことができます。生産現場の情報やおすすめの食べ方を知り、またユーザーは「ごちそうさま」を直接届けることができます。つくり手と会話しながら食べ物を買うマルシェ・ファーマーズマーケットの楽しさをスマホの中で実現しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  2. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  3. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  9. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  10. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
ページ上部へ戻る