農家・漁師から直接買える、直接話せる。スマホアプリ「ポケットマルシェ」スタート!

 株式会社ポケットマルシェは、全国各地の農家・漁師とネット上でつながり、直接購入できる無料スマホアプリ『ポケットマルシェ』を、App StoreおよびGoogle Play ストアで公開した。
農家・漁師のみが出店する“スマホ内のマルシェ”で好きな食材を検索。生産者と直接会話をしながら食材を購入することができる。また、アプリ内のマガジンで旬や食べ方・生産現場を知ることもできる、という。
農家・漁師から直接買える、直接話せる。スマホアプリ「ポケットマルシェ」スタート!
▼App Store https://itunes.apple.com/jp/app/pokettomarushe-nong-jia-yu/id1131885331
▼Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=com.pokem.pocketmarche
※ウェブ版 http://poke-m.com

【ヤマト運輸とも連携。全ての業務をスマホ上で完結】
これまで生産者から個人への直接販売においては、出品から伝票・配送・顧客管理・入金などの煩雑な業務が課題になっていました。そこでポケットマルシェでは、それらの業務を全てスマホ上で行える業務アプリを生産者に提供しています。
また、伝票管理においては、ヤマト運輸株式会社と連携。注文が入ると自動的に配送伝票をドライバーが生産者の元へ届ける仕組みを構築しました。

【首相夫人をはじめとした全国100名以上の生産者が登録】
『ポケットマルシェ』には、北海道から沖縄まで100名を超える生産者が登録されており、山口県で無農薬農業を行う安倍 昭恵首相夫人の名前もあります。北海道や三陸の海産物、無農薬で育てた野菜セット、希少なあか牛や沖縄初の地鶏など、全国から様々な食材が並んでいます。
また、全国34地域から発行されている食べもの付き情報誌「食べる通信」とも連携し、今後も全国の生産者との関係構築、コミュニケーションのサポートを行います。

【『ポケットマルシェ』の特長】
1. 出店者は100%農家もしくは漁師

多くのECサイトと異なり、農家・漁師以外の中間業者などを完全にカットしているため、生産者直送の旬で新鮮な食材を購入することができます。

2. コミュニティ機能
お気に入りの生産者をフォローし、会話を楽しむことができます。生産現場の情報やおすすめの食べ方を知り、またユーザーは「ごちそうさま」を直接届けることができます。つくり手と会話しながら食べ物を買うマルシェ・ファーマーズマーケットの楽しさをスマホの中で実現しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  7. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  3. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  4. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
ページ上部へ戻る