ABC Cooking Studio、料理教室が“食育”をサポート・子ども向けスクールのプログラムを一新

株式会社ABC Cooking Studioは、2006年より子どもを対象とした「食」のスクールを運営しているが、「abc kids+(エービーシーキッズプラス)」として2017年4月よりプログラムを一新する。
また、2016年9月よりABC玉川高島屋S・Cクッキングスタジオ、ABC横浜ランドマーククッキングスタジオの2店舗でリニューアルしたプログラムを先行導入する、という。
ABC Cooking Studio、料理教室が“食育”をサポート・子ども向けスクールのプログラムを一新

「abc kids+(エービーシーキッズプラス)」
https://www.abc-cooking.co.jp/course/abckids/abckids-plus/

■リニューアルの背景
~料理教室が食育をサポート 家庭の不安を解消するプログラムに~

10歳以下のお子さまをもつ保護者の方々を対象にABCの会員サイト内にて行った「食育に関するアンケート調査」(総有効回答数:244名)では、母親の99%が「食育が必要だと思う」も、51%が「実践できていない」と回答しました。

実践できない理由としては、「時間がない」という回答がもっとも多く、共働きの増加による家庭環境の変化などによって、家庭内での食育実践が難しくなっている可能性を読み取ることができました。
このようなニーズに合わせ、料理教室という立場から子どもの食育をサポートすべく、プログラムをリニューアルすることとなりました。

ABCでは、食育基本法が制定されたことを受けて、2006年より満4歳から小学3年生までの子どもを対象とした食のスクール「abc kids」を運営しており、現在、全国30スタジオ、約3,000名の生徒が通っています。

リニューアルしたプログラムは、2016年9月よりABC玉川高島屋S・Cクッキングスタジオ、ABC横浜ランドマーククッキングスタジオの2店舗で先行導入し、2017年4月には全国のキッズスタジオが「abc kids+(エービーシーキッズプラス)」として生まれ変わります。

今回のリニューアルでは、食を通した新しい気づきや発見から、食への興味・関心を高め、食べることときちんと向き合う姿勢や、考える力を身につけられるプログラムを目指し、クッキングとサイエンスという2つのクラスに分けました。

■クラス概要(クッキングクラス/サイエンスクラス)
・調理を通し、食文化やマナー、栄養素などを体系的に学ぶクッキングクラス

クッキングクラスでは、調理体験を通して食材の特徴や理想の献立、食事のマナーなどを体系的に学んでいきます。「一汁三菜 和食と食事作法」というテーマでは、和食の基本である「一汁三菜」を学びながら、献立の立て方や、配膳方法、また食材の栄養素や調理方法を身につけます。

そのほかにも「洋食とテーブルマナー」や「おせちを学ぶ」など、年間を通じ、さまざまなテーマから食を体系的に学ぶことができます。
学んだ内容は「食育カルテ」というシートにまとめ、自宅での振り返りツールとして活用いただけるほか、作った料理の一部を持ち帰ることができ、親子で学びを共有できます。

・実験を通し、自分で気づき学ぶ力を 「食」を題材にしたサイエンスクラス
サイエンスクラスでは、食という子どもにとって身近な題材から、「なぜだろう?」「確かめてみよう」「もっと知りたい」という疑問や関心を高め、考える力や新たな興味を育みます。

「ホットケーキのふくらむひみつ」では、ベーキングパウダーの有無により、生地のふくらみや食感はどうなるのかを確かめ、調理実験を通してホットケーキの中でベーキングパウダーに含まれる炭酸水素ナトリウムがどんな反応をしているのかを解決していきます。

実験を通して自分で気づくことが、学ぶ意欲や生きる力を身につけることにつながります。実験で分かったことはワークシートにまとめ、自宅での振り返りツールとして持ち帰ります。

■レッスンだけでない学びの場を 親子での野外食育プログラムも実施
ABCでは、2016年4月にJA全農東京と協力し、親子での農業体験をスタートさせました。農作業の体験や、生産者の方々との交流を通じて、「スーパーや食卓に並ぶ食材がどのように栽培されているのか?」といった疑問や、生産者の想いを聞くこと、畑の土に触れることで、スタジオでのレッスンだけでは得られない学びを親子で育む場を提供しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  5. 大地を守る会とオイシックス、3月31日よりグループ会社化
     株式会社大地を守る会と、オイシックス株式会社は3月31日にグループ会社となり、2017年秋を目処と…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  2. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  3. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  4. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
ページ上部へ戻る