ケイエルブイ、超小型の近赤外分光センサモジュールを発売。手のひらサイズで15gの小型軽量化を実現

 世界中の光学機器を取り扱う専門商社、ケイエルブイ株式会社は、Spectral Engines社の「超小型 近赤外分光センサモジュール NMシリーズ」を8月25日より販売開始する。

本製品は従来型のイメージを覆す超小型・軽量化を実現したことで、重量や大きさが障壁となり装置への組み込みには至らなかった様々なケースへの適応が可能となります。モバイル機器への組み込みはもちろんのこと、食品業界や製薬業界、農業など、その他様々な市場の生産ラインへの応用が可能です。
ケイエルブイ、超小型の近赤外分光センサモジュールを発売。手のひらサイズで15gの小型軽量化を実現
■さまざまな分野で活躍!「超小型 近赤外分光センサモジュール NMシリーズ」新発売
Spectral Engines社の分光センサーは、フィンランドのVTTテクニカルリサーチセンターにおける長年の研究に基づいたMEMS型ファブリペロー赤外分光センサーです。
「NMシリーズ」は、NIR分光測定に必要な部品を全て搭載。小型・高性能でありながら耐久性に優れており、農業、食品、飲料、ガス分析等、各用途におけるフィールド測定に適しています。

さらに、NM-Wワイヤレス反射デバイスを使用すれば、バッテリー、Bluetooth、反射光学系、ハウジングが含まれており、Androidデバイスで動作可能となります。ケイエルブイは「超小型 近赤外分光センサモジュール NMシリーズ」の販売開始とともに、即時のアプリケーションテストが可能な開発キットのご提供も開始。OEMにも対応可能ですので是非お気軽にご相談ください。

■「超小型 近赤外分光センサモジュール NMシリーズ」製品情報
【製品特長】
・手のひらサイズでわずか15g!超小型、軽量を実現

従来の近赤外分光器は、重量や大きさが障害となり装置に組み込むことが困難であることや、感度不足が問題となっていました。「NMシリーズ」は、MEMS型ファブリペロー技術の採用により、小型軽量かつ高感度化が実現。感度比較は冷却付きリニアアレイタイプと比較し約3倍の高感度となっています。

・PCBマウント設計および2つの内蔵光源でさまざまな組込センサに導入可能
「NMシリーズ」は、小型軽量に加え、組込に適するようにPCBマウントの設計がされています。また、従来品は近赤外反射測定に必要な光源を別途選定する必要がありましたが、本製品は40,000時間という長寿命の光源を内蔵しているため、組込用センサとしてより導入しやすい構造となっています。

・MEMS型ファブリペロー技術により高感度を実現。迅速な測定にも対応可能
・製薬プロセスにおけるリアルタイム品質管理
・工業製造プロセスでの個体サンプルのリアルタイム水分分析
・成分分析
・飲料およびバイオ燃料生産におけるエタノール測定

詳しくはこちらから
http://prtimes.jp/a/?f=d18854-20160825-5586.pdf
http://www.klv.co.jp/makers/spectral_engines/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  2. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  5. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  6. 大地を守る会とオイシックス、3月31日よりグループ会社化
     株式会社大地を守る会と、オイシックス株式会社は3月31日にグループ会社となり、2017年秋を目処と…
  7. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  8. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  9. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  10. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  3. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  4. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
ページ上部へ戻る