ケイエルブイ、超小型の近赤外分光センサモジュールを発売。手のひらサイズで15gの小型軽量化を実現

 世界中の光学機器を取り扱う専門商社、ケイエルブイ株式会社は、Spectral Engines社の「超小型 近赤外分光センサモジュール NMシリーズ」を8月25日より販売開始する。

本製品は従来型のイメージを覆す超小型・軽量化を実現したことで、重量や大きさが障壁となり装置への組み込みには至らなかった様々なケースへの適応が可能となります。モバイル機器への組み込みはもちろんのこと、食品業界や製薬業界、農業など、その他様々な市場の生産ラインへの応用が可能です。
ケイエルブイ、超小型の近赤外分光センサモジュールを発売。手のひらサイズで15gの小型軽量化を実現
■さまざまな分野で活躍!「超小型 近赤外分光センサモジュール NMシリーズ」新発売
Spectral Engines社の分光センサーは、フィンランドのVTTテクニカルリサーチセンターにおける長年の研究に基づいたMEMS型ファブリペロー赤外分光センサーです。
「NMシリーズ」は、NIR分光測定に必要な部品を全て搭載。小型・高性能でありながら耐久性に優れており、農業、食品、飲料、ガス分析等、各用途におけるフィールド測定に適しています。

さらに、NM-Wワイヤレス反射デバイスを使用すれば、バッテリー、Bluetooth、反射光学系、ハウジングが含まれており、Androidデバイスで動作可能となります。ケイエルブイは「超小型 近赤外分光センサモジュール NMシリーズ」の販売開始とともに、即時のアプリケーションテストが可能な開発キットのご提供も開始。OEMにも対応可能ですので是非お気軽にご相談ください。

■「超小型 近赤外分光センサモジュール NMシリーズ」製品情報
【製品特長】
・手のひらサイズでわずか15g!超小型、軽量を実現

従来の近赤外分光器は、重量や大きさが障害となり装置に組み込むことが困難であることや、感度不足が問題となっていました。「NMシリーズ」は、MEMS型ファブリペロー技術の採用により、小型軽量かつ高感度化が実現。感度比較は冷却付きリニアアレイタイプと比較し約3倍の高感度となっています。

・PCBマウント設計および2つの内蔵光源でさまざまな組込センサに導入可能
「NMシリーズ」は、小型軽量に加え、組込に適するようにPCBマウントの設計がされています。また、従来品は近赤外反射測定に必要な光源を別途選定する必要がありましたが、本製品は40,000時間という長寿命の光源を内蔵しているため、組込用センサとしてより導入しやすい構造となっています。

・MEMS型ファブリペロー技術により高感度を実現。迅速な測定にも対応可能
・製薬プロセスにおけるリアルタイム品質管理
・工業製造プロセスでの個体サンプルのリアルタイム水分分析
・成分分析
・飲料およびバイオ燃料生産におけるエタノール測定

詳しくはこちらから
http://prtimes.jp/a/?f=d18854-20160825-5586.pdf
http://www.klv.co.jp/makers/spectral_engines/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  3. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  6. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  10. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  4. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
ページ上部へ戻る