雪印メグミルク、ケールやバナナなどのベジタブル・フルーツミックスのスムージー商品を販売

 雪印メグミルクは『Dole Smoothie ベジタブルミックス』などスムージー2商品を9月6日より全国販売する。市販のチルドカップ飲料は様々な商品が市場に投入され、引き続き活性化しているカテゴリーです。

中でもスムージータイプの商品は、女性を中心にライフスタイルの中で浸透したことにより、当該カテゴリーにおいても着実に伸張している商品となっています。

今回『Dole(R) Smoothie ベジタブルミックス』は、健康イメージの強い素材ケールを、『Dole(R) Smoothieフルーツミックス』は、バナナピューレをそれぞれ従来シリーズ品より増量し、素材それぞれのおいしさを生かした風味に仕立てました。
雪印メグミルク、ケールやバナナなどのベジタブル・フルーツミックスのスムージー商品を販売
商品概要
商品名:Dole(ドール)(R)Smoothie(スムージー) ベジタブルミックス
内容量:LL180g
品名:野菜・果実ミックスジュース
希望小売価格(税別):150円
発売日:9/6(火)
発売地域:全国
賞味期間(開封前):90日間
保存方法:要冷蔵(10℃以下)

商品名:Dole(ドール)(R)Smoothie(スムージー) フルーツミックス
内容量:LL180g
品名:果実ミックスジュース(濃縮還元)
希望小売価格(税別):150円
発売日:9/6(火)
発売地域:全国
賞味期間(開封前):90日間
保存方法:要冷蔵(10℃以下)

商品特長
(共通)
(1)Dole(R)がお届けするベーシックなスムージー
(2)ジューサーでつくったような繊維感や食感(粘性)が味わえるカップスタイルのスムージー

Dole(R)Smoothie ベジタブルミックス:人気の野菜と果実を使用し、それぞれのおいしさを生かした風味に仕立てました(野菜:にんじん、ケール 果実:りんご、バナナ、レモン)

Dole(R) Smoothie フルーツミックス:人気の果実を使用し、それぞれのおいしさを生かした風味に仕立てました(果実:白ぶどう、オレンジ、バナナ、りんご、レモン)

商品コンセプト
Dole(R)がお届けする、本格スムージータイプのカップ飲料
ターゲット:自分磨きにいそしみ、スタイリッシュでありたいと考えている20~30代女性
食シーン:リフレッシュしたいとき、元気になりたいとき、ちょっとお腹がすいたとき、朝食時、休憩時
ベネフィット:ジューサーでつくったような繊維感やとろみがついた飲みごたえのあるミックスジュースが、カップスタイルで手軽においしく味わえる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  2. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  3. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  4. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  5. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  6. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  10. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  3. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る