サカタのタネが新品種ミニダイコン「あやめっ娘」など「ハッピーベジタブル」第2弾を発表

 サカタのタネが、農業女子プロジェクト内の個別プロジェクト「農業女子発!『新野菜』の需用創造」の活動を元に考案した新野菜シリーズ『ハッピーベジタブル』の第2弾を発表した。農業女子の視点が活かされた新品種のミニダイコン「あやめっ娘」を含む秋まき品種計6品種だ。サカタのタネが新品種ミニダイコン「あやめっ娘」など「ハッピーベジタブル」第2弾を発表
 『ハッピーベジタブル』の第2弾のラインアップは、ミニダイコン「あやめっ娘」、「ころっ娘」、ダイコン「紅化粧(R)」、小カブ「あやめ雪」、ミニカリフラワー「美星」、「オレンジ美星」だ。

 『ハッピーベジタブル』のコンセプトは、その名のとおり、「育てて、料理して、食べてハッピー」な野菜。生産者と消費者、両方の目線をもつ農業女子ならではの視点から従来品種の新たな魅力を発見し、食卓に普及させる可能性を模索している。

 「簡単で気軽に調理ができる」、「栽培や販売が楽しくてやりがいがある」、「カラフルで形がかわいい」など、女性農業者におすすめしたい品種を選定している。サカタのタネと農業女子プロジェクトメンバーが農場見学会や意見交換会、試作を経て品種を決定した。

 試験栽培や販売を通じ、栽培方法と出荷サイズ、食べ方や調理方法など女性農業者ならではの視点から農産物の新しい需要と付加価値を見出した品種を、サカタのタネがおすすめする新野菜シリーズとして提案している。

 ミニダイコン「あやめっ娘」の希望小売価格は、2dl入り15,800円(税抜)、20ml入り1,650円(税抜)です。全国の種苗店、JAルートを通じて2016年7月下旬より種子の発売を開始する。

■「ハッピーベジタブル」について
 農業女子プロジェクト内の個別プロジェクト「農業女子発!『新野菜』の需要創造」で、プロジェクトメンバー10名とサカタのタネが意見交換や試作を経て選定した女性農業者へおすすめする新野菜シリーズで、農業女子ならではの観点から農産物の新しい需要と付加価値を見出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  2. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  3. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  4. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  5. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  6. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  7. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  8. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  9. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  10. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  4. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
ページ上部へ戻る