ユーグレナがバングラデシュ政府系開発機関と「緑豆プロジェクト」拡大で業務提携

 株式会社ユーグレナとムハマド・ユヌス博士が率いるグラミングループのGrameen Krishi Foundationがバングラデシュに設立した合弁会社であるユーグレナGG(以下、グラミンユーグレナ)は、バングラデシュで行っている「緑豆プロジェクト」の拡大に向けた取り組みとして、2016年6月20日付けで、バングラデシュ政府系開発機関Palli Karma-Sahayak Foundation(以下、PKSF)と業務提携を締結した。
ユーグレナがバングラデシュ政府系開発機関と「緑豆プロジェクト」拡大で業務提携
 バングラデシュは国民の大半が農業を営んでいますが農家の多くは貧困層に属しており、生活水準の改善に向けた農村での雇用創出と収入増が課題となっている。

 そのような中、グラミンユーグレナでは、モヤシの原料でありバングラデシュで多く食されている緑豆の栽培において、日本の農業技術をバングラデシュの農家に伝えることでより良質な緑豆の栽培を実現し、バングラデシュ国内の市場価格を上回る価格での緑豆の買い取りと、日本へ輸出することを目指した「緑豆プロジェクト」を2014年10月より行っている。

 今回、PKSFとグラミンユーグレナが業務提携を締結したことより、今後グラミンユーグレナが新規農家を指導する際の活動費等をPKSFがまかない、さらなる「緑豆プロジェクト」の拡大を推進するための支援を得ることとなった。

 PKSFは約2,000万人の農家ネットワークを保有しており、グラミンユーグレナがその中から「緑豆プロジェクト」に加わる農家を育てていくことで、今後3年で、「緑豆プロジェクト」に参加する農家の数を現在の約3,500人から約1万人まで増やす予定だ。これにより、バングラデシュ国内の農村での雇用の創出や農家の収入増、良質な緑豆の生産と販売の促進、日本向けの緑豆輸出の拡大を目指す。

 なお、今回の「緑豆プロジェクト」の拡大にかかわる活動費等は、PKSFが補助金提供を受けている国連の関連機関である国際農業開発基金(以下、IFAD)から拠出される。これは、3年間で1億円以上となる見通しです。IFADには日本政府より資金が多く拠出されていますが、IFADの資金を実態的に日本企業が活用するのは初となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  2. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  3. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  4. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  5. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  3. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る