ユーグレナがバングラデシュ政府系開発機関と「緑豆プロジェクト」拡大で業務提携

 株式会社ユーグレナとムハマド・ユヌス博士が率いるグラミングループのGrameen Krishi Foundationがバングラデシュに設立した合弁会社であるユーグレナGG(以下、グラミンユーグレナ)は、バングラデシュで行っている「緑豆プロジェクト」の拡大に向けた取り組みとして、2016年6月20日付けで、バングラデシュ政府系開発機関Palli Karma-Sahayak Foundation(以下、PKSF)と業務提携を締結した。
ユーグレナがバングラデシュ政府系開発機関と「緑豆プロジェクト」拡大で業務提携
 バングラデシュは国民の大半が農業を営んでいますが農家の多くは貧困層に属しており、生活水準の改善に向けた農村での雇用創出と収入増が課題となっている。

 そのような中、グラミンユーグレナでは、モヤシの原料でありバングラデシュで多く食されている緑豆の栽培において、日本の農業技術をバングラデシュの農家に伝えることでより良質な緑豆の栽培を実現し、バングラデシュ国内の市場価格を上回る価格での緑豆の買い取りと、日本へ輸出することを目指した「緑豆プロジェクト」を2014年10月より行っている。

 今回、PKSFとグラミンユーグレナが業務提携を締結したことより、今後グラミンユーグレナが新規農家を指導する際の活動費等をPKSFがまかない、さらなる「緑豆プロジェクト」の拡大を推進するための支援を得ることとなった。

 PKSFは約2,000万人の農家ネットワークを保有しており、グラミンユーグレナがその中から「緑豆プロジェクト」に加わる農家を育てていくことで、今後3年で、「緑豆プロジェクト」に参加する農家の数を現在の約3,500人から約1万人まで増やす予定だ。これにより、バングラデシュ国内の農村での雇用の創出や農家の収入増、良質な緑豆の生産と販売の促進、日本向けの緑豆輸出の拡大を目指す。

 なお、今回の「緑豆プロジェクト」の拡大にかかわる活動費等は、PKSFが補助金提供を受けている国連の関連機関である国際農業開発基金(以下、IFAD)から拠出される。これは、3年間で1億円以上となる見通しです。IFADには日本政府より資金が多く拠出されていますが、IFADの資金を実態的に日本企業が活用するのは初となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  2. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  3. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  4. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
ページ上部へ戻る