国分、サムスングループなどと中国での食材卸事業を行う合弁会社を設立

 国分グループ本社(株)は、韓国サムスングループのフードサービス企業である、サムスンウェルストーリー社と、中国の政府投資国有企業である「金山資本グループ」の子会社で、農業を専門とする上海銀龍農業発展有限公司との3社による共同出資で、中国における給食・外食事業者への食材卸事業を行う合弁会社を設立した。

 同社は、本年よりスタートした第10次長期経営計画において海外事業の「基幹」事業化を掲げており、中国事業はその柱の一つとなる。同社は既に中国で連結子会社3社、持分法適用会社2社を展開している。今回はこれに加えて、日本における高度な食品物流ノウハウと中国における低温物流の経験を最大限に活かし、合弁会社の物流部門でメインの役割を担うことで、中国食品流通分野におけるプレゼンスをより一層高めていく。

 サムスンウェルストーリーは韓国で最大の企業グループであるサムスンの一員であり、韓国内外で食ビジネスを展開している。一方、銀龍農業は1993年から農産物栽培および加工を業としている専門企業であり、そのブランドは2015年に中国のTop10野菜ブランドとして選定されている。このようなブランド、展開エリア、商品に強みを持つ両社との連携で、商品供給、物流の効率化・高度化を実現し、同社グループの海外事業展開を加速させていく。

合弁会社の概要
1)事業展開
 合弁会社は中国において食材卸ビジネスを展開する。同社はサムスンウェルストーリーの中国子会社である食堂運営会社、愛宝健エボガンへの食材供給をベースとして、中国・外資系企業の給食および外食へ拡張していく。

2)会社概要
商号:
Shanghai Welstory Food Co.,Ltd,(英語名称)
上海悦思意食品有限公司(中国語名称)
所在地:中国 上海
事業内容:食品、食品農産品、日用雑貨の卸売業、小売業、輸出入業、ほか
資本金:約4.6億円
設立:2016年7月予定
出資比率:
サムスンウェルストーリー 70.0%
国分グループ本社 17.5%
銀龍農業 12.5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  5. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  6. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  7. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  10. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
ページ上部へ戻る