ライオンハイジーンが業務用野菜・果物洗浄剤を発売

 ライオン株式会社の子会社であるライオンハイジーン株式会社が、食品工場での野菜洗浄工程で使用する、高い洗浄性と低泡性を両立した業務用の野菜・果物洗浄剤『野菜キレイ NEXT』を開発し、2016年7月4日(月)から全国にて新発売する。

 食品工場における野菜洗浄工程では、異物の除去や除菌を確実に行うために、多くの人手を使って高いコストを掛けているのが現状だ。実際にキャベツなどの葉物野菜では、食べずに廃棄する外葉を除去した後、丸ごと洗浄、芯取り、目視による異物除去、カット処理、次亜塩素酸塩を使用した洗浄・殺菌など多くの段階で様々な処理が施される。

 野菜表面には水をはじく性質があるので、野菜を効率的にきれいに洗うためには、洗浄する工程において野菜表面を水になじみやすくさせることが重要になる。同社では界面活性剤を配合した野菜・果物洗浄剤を使用することを推奨している。

 一方、近年では異物の除去や洗浄の効率を向上させるために、洗浄装置についても改良が重ねられ、エアレーションの強い洗浄機が増加しつつある。ただし気泡の量の増加に伴ってエアレーション効果が高まったため、従来の野菜・果物洗浄剤では洗浄中に泡が立ち過ぎてしまうという不具合があった。

 そこで同社は、「野菜表面を水になじみやすくさせる」「泡立ちを抑える」「泡立っても破泡しやすい」ことを実現できる野菜・果物洗浄剤の開発に着手し、ノニオン界面活性剤を主成分として、洗浄性と低泡性を両立させた洗浄剤を開発した。

商品特長
(1)生鮮野菜の水へのなじみを良好にして、洗浄時に使用する殺菌料の効果を向上させる
(2)野菜に付着した虫などの異物を、界面活性剤の働きにより除去する
(3)アクティブ消泡成分の働きで超低泡性のため、野菜洗浄機用として最適消泡に効果的なアクティブ消泡成分により、泡が生じてもすぐに消泡する。

容量・価格
商品名:野菜キレイ NEXT
容量:20kg
価格:オープン価格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  2. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  3. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  4. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  5. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  6. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  7. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  10. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  2. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
ページ上部へ戻る