ネイチャーダインが電気や機械を使わない自動野菜栽培システムを開発

 ネイチャーダイン株式会社は、世界で初めて、電気も機械も使わず太陽熱と重力で稼働する自動野菜栽培システム(Solar Pneumatic Bio-Cycle System、以下:SoBiC)を開発し、クラウドファンディングのMakuakeにおいて商品の提供を開始した。
ネイチャーダインが電気や機械を使わない自動野菜栽培システムを開発
 その場の環境条件や天候に応じた「絶妙の水の循環制御」を、電子制御や高精度の機械式ポンプやバルブシステムなど複雑な機器を一切利用する事なく、極めてシンプルな構造ユニットだけで、太陽の熱エネルギーを直接動力変換し、自動的に稼働させる事を実現した。

 この自然のリズムと摂理に応じた水の循環は、SoBiC内の培地中の酸素の取り入れや、微生物の活性化、硝化作用の促進や自然浄化もする、まさに自然のバイオサイクルを構成し、効率的に野菜を育成させる。これまでの栽培実験で、通常のプランター栽培と比較すると高い発芽率と成長速度の差が確認されている。

 同社はこのシステム基盤に、有機培養土や肥料をカプセルに収めた「野菜のカプセル」を開発し、栽培システムでは世界初の、無電源で、手軽なワンストップパッケージ化に成功した。そして今期の栽培可能期間に合わせて、少量限定生産のハンドメイド栽培パッケージキットの販売予約を6月29日よりMakuakeクラウド・ファンディングで開始した。

 このシステムキットを利用する事で、家庭でも1日に2,3時間の直射日光があたる約50cm四方のスペースがあれば、ほとんど手間をかけず完全に近い「有機野菜」が簡単に収穫できるようになる。これまでの土作りから毎日の水やり、雑草取り、難しい追肥などの非常に手間のかかる「家庭菜園とはまったく異なる形」で、自分が納得できる安全で健康的な有機野菜が手間もかけずリーズナブルな価格で入手できる新たな選択肢になるだろう。

 また、SoBiCは非常に柔軟な拡張性も備えており、設備コストをかけず需要に応じて1台ずつ増やして大規模な菜園にまで拡張が可能なので、都市の屋上を利用した「都市農業」や「緑化政策」にも、コストレスで簡易で非常に有効なソリューションツールの一つとなるだろう。

ネイチャーダイン株式会社:http://www.naturedyne.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  2. NYの公園・コミュニティーガーデン。トランプ政権により都市型農業が壊滅する可能性も
     緑の街、ニューヨークでもトランプ政権の影響を大きく受けている。公園・緑が多い大都市として有名なニュ…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  6. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る