EJ、コールドプレスジュースのオフィス向け「モーニングデリバリー」開始

 株式会社イージェイは、東京・麹町と渋谷で運営する、コールドプレスジュースとスープの専門店「EJ JUICE&SOUP」にて、オフィス向け「モーニングデリバリー」を7月1日より開始する。

本サービスは、前日の20時までのご注文で、翌朝の7時30分以降に、できたてのコールドプレスジュースを指定のオフィスまで配送料無料でお届けするものです。

対象となるエリアは、東京千代田区の麹町、平河町、紀尾井町、一~六番町、四ツ谷エリア、新宿三・四丁目エリアと、渋谷区渋谷二丁目にある渋谷店から半径2キロ圏内です。一回のご注文につき、ジュース3本以上(渋谷店受付の場合10本以上)が対象です。詳細は、お電話もしくは店頭にてお問い合わせください。

ウェブサイト: http://e–j.jp/
EJ、コールドプレスジュースのオフィス向け「モーニングデリバリー」開始
オフィス向けモーニングデリバリー
◆麹町店受付
配達時間:朝7:30~9:30、受付締め切り:前日20時
ミニマムオーダー:ジュース3本
対象エリア:東京都千代田区の麹町、平河町、紀尾井町、一~六番町、
(配達9:30~10:30)四ツ谷エリア、新宿三・四丁目エリア

◆渋谷店受付
配達時間:朝8:00~10:00、受付締め切り:前日20時
ミニマムオーダー:ジュース10本
対象エリア:東京都渋谷区渋谷二丁目にある渋谷店から半径2キロ圏内
※ 配達エリアについて、詳しくはお問い合わせください

企業オリジナルコールドプレスジュースの製造も
EJでは、定期的な購入を希望する企業の方に対し、オリジナルのコールドプレスジュースの開発も行っています。

専門のスタッフがヒアリングを行ったのち、「眼精疲労回復」や「眠気覚まし」など、個々の企業の悩みに効果的なジュースを、野菜ソムリエや管理栄養士の監修の元、野菜や果物などをブレンドしてお作りします。先行して導入頂いている企業では、室内にこもりがちな“エンジニア向け福利厚生として週1回の支給”などの方法でご利用頂いています。

■店舗詳細
『EJ JUICE & SOUP 麹町本店』
住所/ 〒102-0083東京都千代田区麹町3-5-5サンデンビル1F
(麹町駅徒歩1分・半蔵門駅徒歩4分)
TEL/ 03-6265-6788
営業時間/ 月9:00-20:00、火-金 8:00-20:00土 9:00-19:00、日曜日定休

『EJ JUICE & SOUP 渋谷店』
住所/ 〒150-0002渋谷区渋谷2-10-2Aphroditeビル
(渋谷駅徒歩6分・表参道駅より徒歩7分)
TEL/ 03-6805-0931
営業時間/ 火〜金8:00〜19:00、土日月祝10:00〜19:00 不定休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  4. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  7. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
ページ上部へ戻る