ジャテックス、飲みたい時に振って作る新しいオーガニック抹茶飲料を販売

清涼飲料水を製造・販売する株式会社ジャテックスは、飲みたい時に振って点てるお抹茶飲料『遥香』ブランドから“ディライトシリーズ”として新商品を発売。
ジャテックスが新商品『遥香 抹茶 オーガニック』を発売
新商品『遥香 抹茶 オーガニック』は、2016年6月21日(火)から株式会社ローソンが運営する「ナチュラルローソン」他で販売を開始する。

『遥香 抹茶 オーガニック』は、厳選された茶葉の碾きたての風味を活かす為、独自のキャップシステム=フレシエ・キャップシステムを採用。酸化が進みやすい有機抹茶をオリジナルのキャップシステムに完全密封し、飲む直前に抹茶と水をミックスすることで、酸化防止剤等完全無添加で抹茶本来のコクと香りを飲む瞬間まで新鮮に保つ。

昨今、欧米におけるオーガニック市場は大きく成長している。特にアメリカでは、ここ数年は2ケタ増が続き、20年弱で10倍以上に成長している。

このような背景もあり、有機茶は輸出向けに引き合いが強いが、国内全体の荒茶生産量のうち、わずか2%程度の生産シェアと大変希少だ。

『遥香 抹茶オーガニック』はペットボトル飲料では国内初の有機JAS認定の有機抹茶を贅沢に使用したペットボトル飲料。暑い時期には軽く冷やしても美味しく、すっきりとした味わいが特徴だ。


【発売開始日】 2016年6月21日(火)
【販売場所】 ナチュラルローソン140店舗 他
※一部お取扱いのない店舗もございます。
【展開商品】 「遥香 抹茶 オーガニック」・「遥香 抹茶 八女茶」(同時発売)
【価格】 税込価格 各¥300 グラス付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  4. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  7. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  8. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  9. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  3. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る