ソーラーフロンティアが佐渡島での「営農型発電」実証にCIS薄膜太陽電池パネルを提供

 ソーラーフロンティアが新潟県佐渡島で東大などが実施する「営農型発電」実証にCIS薄膜太陽電池を提供。日照量が少ない佐渡島最北端で農業と太陽光発電が両立可能か検証を始めた。

 当案件は、東京大学IR3Sが進める再生可能エネルギーと地域の自然資本の複合利用による地域活性化・低炭素化を目指した社会実装プロジェクトの一環である。この取組みを通して、人口減少・高齢化が進む佐渡島で、太陽光発電が農業にもたらす経済効果の検証を目指している。
ソーラーフロンティアが佐渡島での「営農型発電」実証にCIS薄膜太陽電池パネルを提供
 耕作地に太陽光パネルを設置する「営農型発電 ソーラーシェアリング」とは、作物の栽培と太陽光発電を同時に行ない農地の最大活用を図る手法である。営農しながら売電収入をもたらすビジネスモデルとして、全国で徐々に広がりを見せている。


 今回のプロジェクトで設置されたのは、10kW規模の太陽光発電システムで、薄型・軽量の特徴を持つソーラーフロンティアの「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」が採用された。同社のCIS薄膜太陽電池パネルは、佐渡島のように年間の日照量が比較的少ない地域でも、他のソーラーパネルと比べて発電量が高いのが特長で、これまでも同じ新潟県の雪国型メガソーラー等において、高いパフォーマンスが認められてきている。


 地上での農作業を円滑に行うため、ソーラーパネルは高さ2mの架台に13.5°の角度を取りながら、南向きに設置。この結果、年間約11,000kWhの発電量が見込まれている。この実証を通じて、比較的厳しい営農条件下にある佐渡島最北端・鷲崎地区での遮光率と農作物収量に関するデータを収集し、佐渡島内および国内外の日照量の少ない地域に営農型発電を普及させるうえで有用活用できると考えられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  5. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  6. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  4. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
ページ上部へ戻る