発電マン・ベリーズ、売電単価24円時代に対応した営農型発電設備 「ソラグリ」を販売開始

 発電マン・ベリーズ株式会社は、売電価格24円時代に対応する営農型太陽光発電・ソーラーシェアリング「ソラグリ(R)」を発売する。「ソーラー」+「アグリカルチャー」=「ソラグリ(R)」と名付けたソーラーシェアリングは、農地に設置された太陽光発電とその下部で行われる農業とのハイブリッド型収益モデルのこと。
発電マン・ベリーズ、売電単価24円時代に対応した営農型発電設備 「ソラグリ」を販売開始
これまでのソーラーシェアリングは、固定資産税の安い農地を利用して太陽光発電の収益を得るのが目的のため、農業での収益はニの次、場合によっては形だけの農業というケースがほとんどでした。

「ソラグリ(R)」は太陽光発電と農業の両方のパフォーマンスを最大にすることを目指しています。太陽光発電の部分はパネル回転システムにより通常よりも年間発電量を約10%アップさせ、下部の農地では畑ワサビなどを栽培して全量買い取ることで、ほとんどロスなく収益化できます。
太陽光発電と農業の両方のパフォーマンスを最大限にすることで、売電単価が下がった状況でも充分採算が取れるモデルです。

■今後について
当社は太陽光発電の実績が15年以上と、業界でも草分け的な存在であり、ソーラーシェアリングでも多くの実績を作ってまいりました。ただ農業がなおざりにされている状況を変えるべく、2年ほど前から自社で農業にも取り組んできました。特に当社は無農薬栽培の農業に力を入れており、今後太陽光発電と合わせて無農薬による栽培ノウハウの提案なども強化していく予定です。

ホームページ   : http://www.hatsudenman.co.jp/
ソラグリ紹介ページ: http://solagri.biz/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  2. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  4. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  10. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  4. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
ページ上部へ戻る