長野県内のセブンイレブン店舗にて、信州産レタスを使用したサラダ・サンドイッチ商品を販売

 セブン‐イレブン・ジャパンは、6月7日から長野県内のセブン・イレブン店舗439(5 月末現在)において、長野県が認定する「おいしい信州ふーど(風土)」に選ばれた“信州産レタス”を使用したサラダやサンドイッチ等、合計18 商品を期間限定で順次発売する。
長野県内のセブンイレブン店舗にて、信州産レタスを使用したサラダ・サンドイッチ商品を販売
レタスの生産量日本一を誇る長野県は、ミネラル分が豊富な雪解け水に恵まれていることや、春から夏にかけ朝晩の気温が低く日中との寒暖差が大きいため、レタスの栽培に非常に適した優良なレタスの産地である。

今回は特に「旬」の美味しさにこだわり、収穫されたレタスをコールドチェーンにより鮮度の良いまま製造工場でサラダ等に商品化する。

同社では、畑で収穫されたばかりの野菜を、新鮮なまま輸送・加工するためにセブン-イレブン独自の「コールドチェーン(低温物流網)」を導入している。収穫された野菜は、その場で低温保存され、配送車、仕分けセンター、生産工場から店舗まで一貫した温度管理のもとで配送されている。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。