「NEWoMan新宿」6Fガーデンに “自由な野原で仲間と学ぶ” 都市型マルシェが誕生

 コズ株式会社は、新宿駅直結の複合施設「NEWoMan」6Fガーデンにて“学び”をテーマにした都市型マルシェ『The CAMPus(ザ・キャンパス)』を2016年6月1日~11月30日の6ヶ月間限定で開催する。大学のキャンパスのような自由な野原で、キャンプをするように仲間と学ぶことのできる場所を都会にも、という想いで育てていくイベントとなっている。

■話題の「NEWoMan」に“自由な野原で仲間と学ぶ”都市型マルシェが出現
『The CAMPus』は、新宿に立ち並ぶオフィスビルの谷間に期間限定で現れる都市型マルシェです。記念すべき第1回目の開催となる『The CAMPus』が掲げるテーマは“学び”。“大学のキャンパスのような自由な野原で、キャンプをするように仲間と学ぶことのできる場所を都会にも”という想いで育てていくイベントです。

毎日多くの来場者を記録し注目されているJR新宿駅直結「NEWoMan」の6Fガーデンは、バスタ新宿やJR新宿ミライナタワーとも直結。新たに生まれ変わった新宿を冒険するような気分を堪能いただけます。

出店者様には、新たなチャレンジ経験を通して気づきのきっかけを。お客様には、まだ見ぬ新しい食・モノとの出会いを通して、価値観や人生について考えるきっかけを。出店者様・お客様ともにチャレンジを通して“学ぶ”マルシェを目指します。また、ワークショップや展示会、ミュージックライブなどのイベントも予定しています。

■セルフドリップコーヒー専門店など19店舗が参加予定
『The CAMPus』には、こだわりを持つランチボックス・グロッサリーのショップが続々と初出店。全国各地から厳選したロースターのコーヒー豆10種を販売し、セルフドリップでコーヒーを楽しめる新業態「MINE DRIP COFFEE」も参加しています。

ランチボックスには、九州と四国の食材で作る肉弁当や、農家から直送の無農薬野菜を使ったサラダ。グロッサリーには、世界中のジンジャーエールからヒントを得て手作りしている「BRFジンジャーシロップ」、パクチーフリークが100%虜になる味を追求した「LOVEパクチーSAUCE」などが会場に並びます。
スタート時の出店数は5店舗ですが、最終的には19店舗の出店を予定しています。

<出店店舗>
・MINE DRIP COFFEE
日本全国のロースターから厳選した豆を、セルフドリップで味わうコーヒーショップ。

・ecru
国産小麦を使用している、天然酵母の体に優しいパンを販売。

・元麻布マルシェ
産地直送のこだわり野菜をリーズナブルに。味の濃い美味しいサラダが食べられます。サラダランチのほか、野菜ドリンクも販売。

・LOVEパクチーSAUCE
自称パクチーマンが、長年の全国のパクチー料理を食べ歩き研究を重ね完成させた、パクチージャンキーの為の「パクチーに合う」ソースを販売。

・BROOKLYN RIBBON FRIES
世界の味を飲み比べて行き着いた究極の手作りジンジャーシロップを販売。ジンジャーエールやジンジャービアなど、アレンジは無限大。

■『The CAMPus』概要
日時   : 2016年6月1日(水)~11月30日(水)
営業時間 : 11:00~20:00
       ※営業時間変更の可能性があります。
会場   : 「NEWoMan」6Fガーデン
アクセス : 東京都新宿区新宿4-1-6
入場料  : 無料
詳細ページ: http://thecampus.jp/
Facebook : https://www.facebook.com/The-CAMPus-1704436189811354/
Instagram : http://www.pictaram.com/user/the_campus/3094196266

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  2. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  3. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  4. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  5. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  6. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  7. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  4. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
ページ上部へ戻る