藤枝産抹茶を世界へ発信・抹茶スイーツの「ななや」が、世界各地の市場ニーズに合わせた抹茶を製品化・輸出へ

 静岡抹茶を使用した菓子・製造を行う『ななや』を運営する丸七製茶株式会社は、抹茶の輸出に本格的に参入する。輸出先の国別に栽培を見直し、それぞれの国の嗜好や基準に合わせて製品化を行う。

2016年度に製品化される抹茶を世界各地の飲料、食品メーカー、外食産業向けに輸出拡大することを目指すとともに、海外進出する日本の食品、飲料メーカー向け、貿易商社、茶商向けに安定した高品質な原料供給を行い、連携タイアップしていただける企業も募集する。
藤枝産抹茶を世界へ発信・抹茶スイーツの「ななや」が、世界各地の市場ニーズに合わせた抹茶を製品化・輸出へ
■輸出先の嗜好や基準に合わせて製品化
日本の農産物が世界中に輸出される数量が年々増加しています。日本政府の強力な後押しもあり、日本茶の輸出も増加しています。中でも抹茶の人気は日本だけでなく海外の消費者にも高まっており、既に“MATCHA”という言葉が外国人にも通じるほどとなっています。

しかし、従来の日本の抹茶生産ではまだまだ各国の嗜好や基準に適さないものがほとんどです。こうした背景を踏まえ当社では5年前から徐々にこうした問題を改善する体制を整えておりましたが、本年度から初めて本格的に輸出対象国ごとに栽培から製品の香味などの品質も区別した製品の販売を開始します。

■世界と日本の違い、その嗜好と基準
抹茶の健康的な成分と緑色の綺麗な食材としての希少性と付加価値の高さ、そして日本の茶の湯の文化を背景とした高級感などから世界中の人たちが日本の抹茶に注目しています。

しかし、日本人が感じる抹茶の渋味の中に感じられる旨味や馥郁とした香りは十分に理解されているとは言えません。海外で日本の寿司がカリフォルニアロールに変化していくように、抹茶に果汁を加えたり炭酸で割ったりして飲まれ始めています。

また、日本の安全基準と世界各国の安全基準が異なるために、日本の抹茶のほとんどが正規に輸出することができないのが現状です。こうした課題を解決するには何年もの時間が必要となります。当社では、様々な課題を契約栽培農家とともにひとつひとつ時間を掛けて問題解決プロジェクトを組み、嗜好、品質、基準等全てをひとつの茶園で解決することは困難と考え、仕向け地別に茶園と生産農家を区分けして栽培に取り組みました。

また、それぞれの国を訪問し、各地によって異なる香味の好みやグレードの認識などを把握。焙煎方法などの見直しを行い、製品化を進めてきました。こうした取り組みを重ね、多くの課題をクリアして参りました。こうした活動がまだ完全ではないものの本年度スタートラインにつけるところまで辿りつくことができました。

■地区別にターゲットに合わせて栽培
ターゲット国に合わせ、効果的な農業指導体制を整えるために地区別に管理手法とその製品加工時の加工方法、調合を変えて製品化します。米国向けにはFDA(米国食品医薬品局)が制定したFSMA(食品安全強化法)にもいち早く対応し、米国で求められるコーシャ認証、アジア圏で求められるハラル認証も取得しています。

それぞれの製品の概要は、
◎アメリカ向け:市之瀬地区
濃い緑色の清涼感のある香りと上質な甘味を感じるタイプ

◎EU向け:朝比奈、小園地区
明るい緑色と馥郁とした香りと余韻のある味わいを感じるタイプ

◎アジア向け:青葉根地区
深みのある緑色で芳ばしい香りでリーズナブルな製品

また、全国でも前例のない規模で製品の全ての茶園を個別に残留農薬試験を行い、それぞれの国によって求められる異なった安全性の確認をより確実なものとして製品化します。残留農薬は近隣の茶園や他の農産物の畑からの飛散や大気汚染なども影響する場合があり、これらの影響がないことも確認し相手国とのトラブルを未然に防ぐ体制を整えます。

すべての茶園について2年前から経済優先になることなく、環境汚染や茶園従事者の労働問題など様々な公益性の確認も既に第三者機関により確認作業が終了しています。

■輸出国別抹茶ジェラートセット
2016年5月2日から本年度産の収穫を始め、5月中に収穫した一番茶のみを使用し、抹茶の新茶を初めて製品化、ジェラートとして発売します。また、様々な課題を改善した抹茶をそれぞれの仕向け地の嗜好に合わせ製品化したことを活かし、輸出先の国の食材との相性を考えた抹茶ジェラートを作りました。それらをセットして記念にネット限定にて6月5日に発売します。
お取り寄せのURL http://nanaya-matcha.com/

■藤枝産静岡抹茶
過去には高級茶である玉露産地として隆盛を極めたものの、その後衰退を続ける山間地農業を救うために当社と地元農家とが協力して1988年に静岡で初めて抹茶作りを始めました。他社にない100%契約栽培で始めた抹茶作りは幾度かの苦難を乗り越え、伝統だけでなく様々な最新技術を導入し、新しい抹茶作りを進めてきました。

当社が始めた殺菌処理済抹茶はその高度な衛生管理により生菌数管理などが求められる分野への利用に広がり、今日の抹茶食品の拡大に繋がりました。また、新たな抹茶の魅力を伝えるために2010年7月7日に“抹茶スイーツファクトリー『ななや』”をオープンし、お茶屋の視点で作る自家製スイーツの販売を行っています。

自らスイーツを作ることで初めて分かるスイーツと抹茶の“相性の本質”を感じた経験を生かし、お茶の風味を土づくりから栽培技術、製造工程までを見直し、地元の名産品を“飲む”だけでなく“食べる”ための美味しいお茶となるよう進めています。

現在、国内だけでなく米国、欧州、アジアなど世界各地に抹茶の輸出を行っています。2015年3月には日本で初めてレインフォレスト・アライアンス認証(米国ニューヨーク本部)を取得しその栽培方法が地域社会や環境へ配慮した農業であることが認められました。

■会社概要
会社名 : 丸七製茶株式会社
所在地 : 静岡県藤枝市上青島1870
代表者 : 代表取締役社長 鈴木 成彦
事業内容: 日本茶・茶類の製造・販売、
      茶類を使用したスイーツの製造・販売
URL   : http://marushichi-group.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  7. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  8. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  9. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  10. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  2. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る