サステナブル・プランニングがオフィス向け野菜宅配を利用した朝フルーツプログラムのサービス開始

株式会社サステナブル・プランニングでは、同社が展開する青果フルーツのオフィス向け宅配サービスを活用した健康経営支援プログラムとして、朝フルーツプログラムを新たに開始する。

導入企業に一定数量のフルーツを毎朝定期的に届け、従業員への「朝、オフィスでフルーツを食べる」という意識・習慣を促進することで、「朝食抜き」「残業の常態化」など多くの企業が抱える就業習慣を見直し、業務効率化をサポートする。

<『Healthy Stand 朝フルーツプログラム』サービス概要>
・提供エリア: 全国(沖縄・離島除く)
・商品: バナナ、みかん、カットフルーツなど季節に応じて
・サービス形態: 買取型(利用数量に応じた従量課金型ではありません)
・商品代の負担者: 企業負担/従業員負担 いずれも可
・費用:
 ①初期費用: 0円
 ②月額固定費用 0円
 ③月額冷蔵庫レンタル料 税込1080円/台
 ④商品代と送料:数量・納品頻度に応じて
・配送: 東京都内は当社スタッフ、その他のエリアは配送業者
・納品後の商品管理: 企業ご担当者様
サステナブル・プランニングがオフィス向け野菜宅配を利用した朝フルーツプログラムのサービス開始サステナブル・プランニングがオフィス向け野菜宅配を利用した朝フルーツプログラムのサービス開始
サービス提供の背景
【1】「健康意識」の高まり
昨年12月に施行されたストレスチェック制度により、企業による従業員の健康管理を経営的視点で配慮し実践する「健康経営」への取り組みが加速。
それとともに、消費者(=従業員)自身の健康意識も高まってきており、「食が体にもたらす影響」という視点から、「適切な食事の摂取」が、健康増進だけでなく、ストレス解消やリフレッシュなど、業務効率・生産性にも密接に関わるものとして捉えられつつあります。

そんな中、栄養価が高いだけでなく、手軽に食べられ、かつリフレッシュ効果の高い「フルーツ」が、既存の社員食堂やコンビニ食・スナック菓子に代わるオフィスフードとして、再評価されています。「朝のフルーツは金なり」とも言われ、その健康増進効果に着目が集まっています。

【2】「サマータイム制」「朝型勤務」導入企業の増加
業務効率化・環境配慮・エコ推進の観点から、残業に伴う人件費や光熱費等の削減を目指し、サマータイム制・朝型勤務を導入する企業が増加。
制度として形骸化することなく、意識・習慣を伴った運用に課題を抱える企業は多く、また、サマータイム制・朝型勤務導入企業は、今後さらに増えると見込まれます。

『Healthy Stand』導入企業
・ サトーホールディングス株式会社様(本社:東京都)
・ 株式会社パソナ様(本社:東京都)
・ 三菱地所株式会社様(本社:東京都)

など、現在は東京都内の大手町・丸の内・有楽町エリアの大手企業を中心に60社以上の企業様が『Healthy Stand 置きフルーツサービス』を導入(2016年3月現在)。いまだ「解約件数0件」という安定性・満足度を誇り、健康意識の高い20〜50代の女性従業員を中心に好評を得ています。

株式会社サステナブル・プランニング
会社概要: http://www.suspla.co.jp/index.html
Healthy Stand概要: http://www.healthy-stand-japan.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  7. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  8. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  9. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  4. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
ページ上部へ戻る