サステナブル・プランニングがオフィス向け野菜宅配を利用した朝フルーツプログラムのサービス開始

株式会社サステナブル・プランニングでは、同社が展開する青果フルーツのオフィス向け宅配サービスを活用した健康経営支援プログラムとして、朝フルーツプログラムを新たに開始する。

導入企業に一定数量のフルーツを毎朝定期的に届け、従業員への「朝、オフィスでフルーツを食べる」という意識・習慣を促進することで、「朝食抜き」「残業の常態化」など多くの企業が抱える就業習慣を見直し、業務効率化をサポートする。

<『Healthy Stand 朝フルーツプログラム』サービス概要>
・提供エリア: 全国(沖縄・離島除く)
・商品: バナナ、みかん、カットフルーツなど季節に応じて
・サービス形態: 買取型(利用数量に応じた従量課金型ではありません)
・商品代の負担者: 企業負担/従業員負担 いずれも可
・費用:
 ①初期費用: 0円
 ②月額固定費用 0円
 ③月額冷蔵庫レンタル料 税込1080円/台
 ④商品代と送料:数量・納品頻度に応じて
・配送: 東京都内は当社スタッフ、その他のエリアは配送業者
・納品後の商品管理: 企業ご担当者様
サステナブル・プランニングがオフィス向け野菜宅配を利用した朝フルーツプログラムのサービス開始サステナブル・プランニングがオフィス向け野菜宅配を利用した朝フルーツプログラムのサービス開始
サービス提供の背景
【1】「健康意識」の高まり
昨年12月に施行されたストレスチェック制度により、企業による従業員の健康管理を経営的視点で配慮し実践する「健康経営」への取り組みが加速。
それとともに、消費者(=従業員)自身の健康意識も高まってきており、「食が体にもたらす影響」という視点から、「適切な食事の摂取」が、健康増進だけでなく、ストレス解消やリフレッシュなど、業務効率・生産性にも密接に関わるものとして捉えられつつあります。

そんな中、栄養価が高いだけでなく、手軽に食べられ、かつリフレッシュ効果の高い「フルーツ」が、既存の社員食堂やコンビニ食・スナック菓子に代わるオフィスフードとして、再評価されています。「朝のフルーツは金なり」とも言われ、その健康増進効果に着目が集まっています。

【2】「サマータイム制」「朝型勤務」導入企業の増加
業務効率化・環境配慮・エコ推進の観点から、残業に伴う人件費や光熱費等の削減を目指し、サマータイム制・朝型勤務を導入する企業が増加。
制度として形骸化することなく、意識・習慣を伴った運用に課題を抱える企業は多く、また、サマータイム制・朝型勤務導入企業は、今後さらに増えると見込まれます。

『Healthy Stand』導入企業
・ サトーホールディングス株式会社様(本社:東京都)
・ 株式会社パソナ様(本社:東京都)
・ 三菱地所株式会社様(本社:東京都)

など、現在は東京都内の大手町・丸の内・有楽町エリアの大手企業を中心に60社以上の企業様が『Healthy Stand 置きフルーツサービス』を導入(2016年3月現在)。いまだ「解約件数0件」という安定性・満足度を誇り、健康意識の高い20〜50代の女性従業員を中心に好評を得ています。

株式会社サステナブル・プランニング
会社概要: http://www.suspla.co.jp/index.html
Healthy Stand概要: http://www.healthy-stand-japan.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  6. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  3. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  4. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
ページ上部へ戻る