スリーエフ、コンビニ向けに水耕栽培フリルレタスのサラダを発売

 コンビニなどを展開する株式会社スリーエフが気温の上昇とともに、トレンドが高まる時期にあわせてサラダを刷新する。水耕栽培野菜“フリルアイス”を使ったサラダや、加工工程の見直しにより、柔らかく食べやすくなった千切りキャベツを使ったサラダなど、5月10日(火)より順次発売する。
スリーエフ、コンビニ向けに水耕栽培フリルレタスのサラダを発売
◆水耕栽培野菜“フリルアイス”を使用
 今回、スリーエフでは初となる水耕栽培の野菜を使用したサラダを発売します。使用する野菜は“フリルアイス”というグリーンリーフ(リーフレタス)の一種です。シャキシャキとした歯ざわりで苦味が少なく葉先がきれいなことが特長です。供給量が少ない為、コンビニのサラダとして使われる事は珍しく、独自性を感じていただける商品です。今後もこのような水耕栽培野菜を使用したサラダを発売していく予定です。

◆サラダの定番“千切りキャベツ”をイチから見直し、ミリ単位で改良
 サラダに使用する“千切りキャベツ”はスライス幅を2mmから1mmに変更しました。また、キャベツの洗浄方法についても野菜本来の味わいが楽しめるよう改良、ふんわりとしたキャベツを感じていただけます。さらに、ドレッシング付きのサラダについては、調味料の配合を見直して具材を加えることで、風味・食感・野菜との絡みをアップさせました。
スリーエフ、コンビニ向けに水耕栽培フリルレタスのサラダを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  2. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  9. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る