明治大学とパイオニアエコサイエンスが共同でアスパラガスの新栽培法を開発

 明治大学農学部農学科野菜園芸学研究室とパイオニアエコサイエンス株式会社が2016年5月14日、明治大学生田キャンパスにおいて、アスパラガス新栽培法「採りっきり栽培」の提案に伴う発表会を開催する。

アスパラガスは野菜の中でも常にベスト10に入る人気野菜だが、栽培に手間暇がかかり、農業従事者の作業負荷が大きく、取扱いが難しい野菜となっている。また、暖地では病害対策のためのハウス栽培が一般的で、初期コストがかかり、栽培のハードルが高い。
こうした栽培現場の問題を解決すべく、アスパラガスの新しい栽培方法を今回発表する。

【新栽培法(採りっきり栽培)】
農家のニーズ
・定植時の作業負担を軽減
・太もの収穫のための早期定植による大株養成を低コストで実現
新規ホーラーの提案
・作業姿勢を改善
・深植えに適した穴で低温の影響を軽減

【発表会詳細】
開催日時 2016年 5月14日(土)受付:12:00~12:30
会 場  明治大学 生田キャンパス 第1校舎6号館2F・南圃場・北圃場
(神奈川県川崎市多摩区東三田1ー1ー1)
参加申込 パイオニアエコサイエンス アスパラガスページ内 申込専用フォーム
http://p-e-s.co.jp/horticultural-seeds/asparagus/ivent20160514