オフィス向け野菜宅配サービスのKOMPEITO、朝日新聞販売所ASAと業務提携。配送強化・エリア展開を加速

 働く人と企業の健康を促すオフィス向け野菜提供サービス「OFFICE DE YASAI」を展開する株式会社KOMPEITOが、朝日新聞の営業・販売・配達を担う朝日新聞サービスアンカー(ASA)都内6社と業務提携することを発表した。朝日新聞の既存配達網を活用してOFFICE DE YASAIの配送基盤の強化を図り、今後のエリア展開を加速していく。
オフィス向け野菜宅配サービスのKOMPEITO、朝日新聞販売所ASAと業務提携。配送強化・エリア展開を加速
<業務提携対象のASA6社>
ASA恵比寿、ASA赤坂青山、ASA田町浜松町、ASA大久保、ASA四谷、ASA銀座築地

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)とは?
OFFICE DE YASAIは、オフィスで食べられる野菜や果物を中心に、新鮮でおいしいヘルシーフードを企業に毎週お届けし、オフィスワーカーの健康を支援するサービスのこと。生鮮野菜・フルーツからスタートし、野菜・果物ベースの飲料やスイーツ、惣菜等の充実したラインナップを提供している。サービス開始は2014年4月。

業務提携の目的・狙い
日本全国を網羅するASAの既存販売拠点を起点にした配送網の活用は、KOMPEITOにとって、1)コスト効率や顧客サービスの質を担保しながら、サービスエリア展開をスピーディに進められる、2)自社配送では難しかった東京都心部外からの引き合いにも対応でき、機会損失が減る、3)配送に費やしていたリソースを顧客獲得や商品・サービス強化に投下し事業成長をスピードアップできる等、の大きな効果が期待できる。

一方、ASAにとっては、1)これまで行ってきた新聞販売事業を「地域密着」というテーマのもとに更に発展させられる、2)店舗・人材・ノウハウ等、既存の経営資源を有効活用できる、3)新聞購読者以外の顧客の増加が期待できる、等のメリットがある。

業務提携の内容
これまでKOMPEITOが自社で行っていた顧客企業への配送体制の構築および配送オペレーションをASA各社に委託する。ASAでは、新聞の朝刊配達と夕刊配達の間の時間を活用し、OFFICE DE YASAIの商品配達・回収を行う。テスト運用期間を経て、3月から上記ASA6社を皮切りに実運用をスタートした。以後、OFFICE DE YASAIのサービス提供エリア拡大に伴い、配送委託エリアも拡大していく予定

OFFICE DE YASAIの今後の展開
配送基盤の強化と同時に、顧客獲得のスキーム強化にも着手し、積極的且つスピーディに新規顧客開拓を進めていく予定だ。東京23区からスタートし、神奈川県、埼玉県、千葉県の一都三県、そして、大阪、名古屋等の地方大都市へと展開していく。2016年中に600社の顧客獲得を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  3. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  4. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  2. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
ページ上部へ戻る