オフィス向け野菜宅配サービスのKOMPEITO、朝日新聞販売所ASAと業務提携。配送強化・エリア展開を加速

 働く人と企業の健康を促すオフィス向け野菜提供サービス「OFFICE DE YASAI」を展開する株式会社KOMPEITOが、朝日新聞の営業・販売・配達を担う朝日新聞サービスアンカー(ASA)都内6社と業務提携することを発表した。朝日新聞の既存配達網を活用してOFFICE DE YASAIの配送基盤の強化を図り、今後のエリア展開を加速していく。
オフィス向け野菜宅配サービスのKOMPEITO、朝日新聞販売所ASAと業務提携。配送強化・エリア展開を加速
<業務提携対象のASA6社>
ASA恵比寿、ASA赤坂青山、ASA田町浜松町、ASA大久保、ASA四谷、ASA銀座築地

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)とは?
OFFICE DE YASAIは、オフィスで食べられる野菜や果物を中心に、新鮮でおいしいヘルシーフードを企業に毎週お届けし、オフィスワーカーの健康を支援するサービスのこと。生鮮野菜・フルーツからスタートし、野菜・果物ベースの飲料やスイーツ、惣菜等の充実したラインナップを提供している。サービス開始は2014年4月。

業務提携の目的・狙い
日本全国を網羅するASAの既存販売拠点を起点にした配送網の活用は、KOMPEITOにとって、1)コスト効率や顧客サービスの質を担保しながら、サービスエリア展開をスピーディに進められる、2)自社配送では難しかった東京都心部外からの引き合いにも対応でき、機会損失が減る、3)配送に費やしていたリソースを顧客獲得や商品・サービス強化に投下し事業成長をスピードアップできる等、の大きな効果が期待できる。

一方、ASAにとっては、1)これまで行ってきた新聞販売事業を「地域密着」というテーマのもとに更に発展させられる、2)店舗・人材・ノウハウ等、既存の経営資源を有効活用できる、3)新聞購読者以外の顧客の増加が期待できる、等のメリットがある。

業務提携の内容
これまでKOMPEITOが自社で行っていた顧客企業への配送体制の構築および配送オペレーションをASA各社に委託する。ASAでは、新聞の朝刊配達と夕刊配達の間の時間を活用し、OFFICE DE YASAIの商品配達・回収を行う。テスト運用期間を経て、3月から上記ASA6社を皮切りに実運用をスタートした。以後、OFFICE DE YASAIのサービス提供エリア拡大に伴い、配送委託エリアも拡大していく予定

OFFICE DE YASAIの今後の展開
配送基盤の強化と同時に、顧客獲得のスキーム強化にも着手し、積極的且つスピーディに新規顧客開拓を進めていく予定だ。東京23区からスタートし、神奈川県、埼玉県、千葉県の一都三県、そして、大阪、名古屋等の地方大都市へと展開していく。2016年中に600社の顧客獲得を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  4. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  5. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  8. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  9. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  10. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る