オフィス向け野菜宅配サービスのKOMPEITO、朝日新聞販売所ASAと業務提携。配送強化・エリア展開を加速

 働く人と企業の健康を促すオフィス向け野菜提供サービス「OFFICE DE YASAI」を展開する株式会社KOMPEITOが、朝日新聞の営業・販売・配達を担う朝日新聞サービスアンカー(ASA)都内6社と業務提携することを発表した。朝日新聞の既存配達網を活用してOFFICE DE YASAIの配送基盤の強化を図り、今後のエリア展開を加速していく。
オフィス向け野菜宅配サービスのKOMPEITO、朝日新聞販売所ASAと業務提携。配送強化・エリア展開を加速
<業務提携対象のASA6社>
ASA恵比寿、ASA赤坂青山、ASA田町浜松町、ASA大久保、ASA四谷、ASA銀座築地

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)とは?
OFFICE DE YASAIは、オフィスで食べられる野菜や果物を中心に、新鮮でおいしいヘルシーフードを企業に毎週お届けし、オフィスワーカーの健康を支援するサービスのこと。生鮮野菜・フルーツからスタートし、野菜・果物ベースの飲料やスイーツ、惣菜等の充実したラインナップを提供している。サービス開始は2014年4月。

業務提携の目的・狙い
日本全国を網羅するASAの既存販売拠点を起点にした配送網の活用は、KOMPEITOにとって、1)コスト効率や顧客サービスの質を担保しながら、サービスエリア展開をスピーディに進められる、2)自社配送では難しかった東京都心部外からの引き合いにも対応でき、機会損失が減る、3)配送に費やしていたリソースを顧客獲得や商品・サービス強化に投下し事業成長をスピードアップできる等、の大きな効果が期待できる。

一方、ASAにとっては、1)これまで行ってきた新聞販売事業を「地域密着」というテーマのもとに更に発展させられる、2)店舗・人材・ノウハウ等、既存の経営資源を有効活用できる、3)新聞購読者以外の顧客の増加が期待できる、等のメリットがある。

業務提携の内容
これまでKOMPEITOが自社で行っていた顧客企業への配送体制の構築および配送オペレーションをASA各社に委託する。ASAでは、新聞の朝刊配達と夕刊配達の間の時間を活用し、OFFICE DE YASAIの商品配達・回収を行う。テスト運用期間を経て、3月から上記ASA6社を皮切りに実運用をスタートした。以後、OFFICE DE YASAIのサービス提供エリア拡大に伴い、配送委託エリアも拡大していく予定

OFFICE DE YASAIの今後の展開
配送基盤の強化と同時に、顧客獲得のスキーム強化にも着手し、積極的且つスピーディに新規顧客開拓を進めていく予定だ。東京23区からスタートし、神奈川県、埼玉県、千葉県の一都三県、そして、大阪、名古屋等の地方大都市へと展開していく。2016年中に600社の顧客獲得を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  4. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  8. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  3. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  4. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
ページ上部へ戻る