農業生物研、イネの栄養の吸収と蓄積を促進させる遺伝子を発見

 農業生物資源研究所は、植物の主要な栄養素(窒素、リン酸、カリウム)を含む複数の栄養素をバランスよく吸収し、蓄積を促進させるイネのRDD1遺伝子を発見した。今までにも単独の栄養素の吸収・蓄積に関わる遺伝子は報告されていたが、複数の栄養素の吸収・蓄積をバランス良く促進させる遺伝子は初めての発見だという。
農業生物研、イネの栄養の吸収と蓄積を促進させる遺伝子を発見
<ポイント>
・複数の栄養素をバランスよく吸収し、収量を向上させるイネの遺伝子を発見しました。
・この遺伝子を強く働かせたイネは、少肥料栽培での収量が最大で約2割増加しました。
・新たな品種や栽培技術の開発により少ない肥料でこれまでと同様の収量を得ることが可能となります。

<研究の社会的背景と経緯>
 植物にとって肥料は必要な栄養素を供給し、生産力を強化するために欠かせません。しかし、コスト面の問題や、植物に吸収されなかった余剰肥料の流出による水質汚染の問題から、できるだけ少ない施肥での栽培が望まれており、すでに施肥の時期・量の最適化による施肥量の低減が実施されています。

一方で、植物の遺伝子機能を利用して肥料に含まれる栄養素の吸収を促進させる試みは、単独の遺伝子の働きを改変することにより、1、2種類の栄養素の吸収もしくは蓄積を促進させた例が報告されています。

ただし特定の栄養素のみの吸収・蓄積を強化すると栄養素バランスが崩れるため、収量の増加にはつながっていませんでした。
一方で、生物研ではイネの水や栄養素を輸送する維管束という組織にRDD1というタンパク質が局在していることを見いだしていました。このタンパク質が栄養素をバランス良く輸送する鍵となっているのではないかと考え、これを確かめる研究を行いました。

<今後の予定・期待>
 新たな品種や栽培方法の開発により、RDD1遺伝子の働きを強めることで、少ない肥料で通常と同様の収量を得ることが可能になります。この少肥料栽培により、低コスト化、および土壌に残った余分な肥料による環境汚染を防止できます。

またイネにはRDD1遺伝子に似た遺伝子が3つ存在し、栄養素の吸収・輸送・蓄積に関してRDD1と異なる役割を有する可能性があります。そのため、これらの機能を明らかにし、RDD1遺伝子と一緒に利用することで、収量増加へのさらなる効果が期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  2. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  3. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  4. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  5. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  6. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  9. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  10. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
ページ上部へ戻る