小規模農家によるネットを利用した農業資材購入が急増。登録数は過去5年間で4倍に

 工業用間接資材の通信販売最大手のMonotaRO(モノタロウ)による調査では、同社が運営する販売サイトにおいて、米/野菜/果樹作農業者を中心とした従業員数10名以下の小規模・農業ユーザーによる新規登録数は、過去5年で4倍、2015年の売上は前年対比で約2倍となるなど、急激な利用拡大が進んでいる、という。

これは、近年の新規就農者数の増加傾向とも相まって「生産の効率化」や「人手不足」といった産業全体として抱える課題に対して、従来の資材調達方法に依存しないインターネットを活用した新しい資材調達に着目し、「調達の手間の削減・本業に従事する時間の確保」を実践しようとするユーザーの増加が背景にあると考えられる。
小規模農家によるネットを利用した農業資材購入が急増。登録数は過去5年間で4倍に小規模農家によるネットを利用した農業資材購入が急増。登録数は過去5年間で4倍に
小規模農家によるネットを利用した農業資材購入が急増。登録数は過去5年間で4倍に
最新の売れ筋ランキングが示すインターネット調達の実態
農業資材商品数も5年で35倍増 ワンストップショッピングを進化
2014年に本格展開を開始した農業資材は、農具や農業機械だけでなく、ビニールハウス用ネット、種、肥料、農薬など約28,000点を取り揃え、過去5年で35倍となる商品拡充を行っています。

豊富な品揃えが多品種な消耗品購買に寄与
農業ユーザー売れ筋商品ランキングでは、農業機械の汚れ落としとして使用される「ブレーキ&パーツクリーナー魂 2000」が圧倒的な人気となりました。

その他、農業機械のメンテナンスに使用されるエンジンオイル、オイルフィルター、潤滑剤に加え、軍手やマスク、ハンドクリーナーといった業種や作業を問わず利用される消耗品が上位を占め、価格・品質の両面から当社PB商品が大きく支持されています。

農業ユーザー全体では2015年1年間で累計100,000アイテムに及ぶ商品が購入されており、購入手間のかかる消耗品購買の効率化に役立っているようです。

カテゴリ拡充が、業種を超えた「ついで買い」ニーズに影響
一方、農業資材・園芸用品カテゴリ売れ筋商品ランキングでは、ベスト10に草刈用のチップソーが4商品ランクイン。他にも水撒き機やノズル、蛇口等の散水用品も上位に入っています。

これらは、製造業、自動車整備業、電気工事業、町のクリニック、商店など農業以外のユーザーにも多く支持されおり、工場や事務所、店舗ま
わりの草木の剪定や散水に利用されていることが窺えます。現場作業や営業に必要な工具や資材に加え、拠点まわりの環境整備のための商品が「ついで買い」として購入されているようです。

ワンストップショッピングが本業に従事する時間を生み出す
上記から、900万点の豊富な品揃えとインターネットによるスムーズな購買の実現が様々なユーザーのワンストップショッピングを可能にし、資材調達の手間削減による本業従事の時間確保に貢献しているものとだと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  2. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  3. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  4. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  5. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  8. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  9. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  10. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る