小規模農家によるネットを利用した農業資材購入が急増。登録数は過去5年間で4倍に

 工業用間接資材の通信販売最大手のMonotaRO(モノタロウ)による調査では、同社が運営する販売サイトにおいて、米/野菜/果樹作農業者を中心とした従業員数10名以下の小規模・農業ユーザーによる新規登録数は、過去5年で4倍、2015年の売上は前年対比で約2倍となるなど、急激な利用拡大が進んでいる、という。

これは、近年の新規就農者数の増加傾向とも相まって「生産の効率化」や「人手不足」といった産業全体として抱える課題に対して、従来の資材調達方法に依存しないインターネットを活用した新しい資材調達に着目し、「調達の手間の削減・本業に従事する時間の確保」を実践しようとするユーザーの増加が背景にあると考えられる。
小規模農家によるネットを利用した農業資材購入が急増。登録数は過去5年間で4倍に小規模農家によるネットを利用した農業資材購入が急増。登録数は過去5年間で4倍に
小規模農家によるネットを利用した農業資材購入が急増。登録数は過去5年間で4倍に
最新の売れ筋ランキングが示すインターネット調達の実態
農業資材商品数も5年で35倍増 ワンストップショッピングを進化
2014年に本格展開を開始した農業資材は、農具や農業機械だけでなく、ビニールハウス用ネット、種、肥料、農薬など約28,000点を取り揃え、過去5年で35倍となる商品拡充を行っています。

豊富な品揃えが多品種な消耗品購買に寄与
農業ユーザー売れ筋商品ランキングでは、農業機械の汚れ落としとして使用される「ブレーキ&パーツクリーナー魂 2000」が圧倒的な人気となりました。

その他、農業機械のメンテナンスに使用されるエンジンオイル、オイルフィルター、潤滑剤に加え、軍手やマスク、ハンドクリーナーといった業種や作業を問わず利用される消耗品が上位を占め、価格・品質の両面から当社PB商品が大きく支持されています。

農業ユーザー全体では2015年1年間で累計100,000アイテムに及ぶ商品が購入されており、購入手間のかかる消耗品購買の効率化に役立っているようです。

カテゴリ拡充が、業種を超えた「ついで買い」ニーズに影響
一方、農業資材・園芸用品カテゴリ売れ筋商品ランキングでは、ベスト10に草刈用のチップソーが4商品ランクイン。他にも水撒き機やノズル、蛇口等の散水用品も上位に入っています。

これらは、製造業、自動車整備業、電気工事業、町のクリニック、商店など農業以外のユーザーにも多く支持されおり、工場や事務所、店舗ま
わりの草木の剪定や散水に利用されていることが窺えます。現場作業や営業に必要な工具や資材に加え、拠点まわりの環境整備のための商品が「ついで買い」として購入されているようです。

ワンストップショッピングが本業に従事する時間を生み出す
上記から、900万点の豊富な品揃えとインターネットによるスムーズな購買の実現が様々なユーザーのワンストップショッピングを可能にし、資材調達の手間削減による本業従事の時間確保に貢献しているものとだと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  3. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  2. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る