植物工場設備26ヶ所の実績をもつ日本ディスプレイセンターがウェブサイトをリニューアル

 植物工場設備26ヶ所の実績をもつ株式会社日本ディスプレイセンター(JDC)ではウェブサイトをリニューアルするとともに、同社が独自開発する栽培資材などの販売も開始する。同社は1974年に設立し、商業施設や展示施設の企画・設計・製作・施工などを手がけてきた。
植物工場設備26ヶ所の実績をもつ日本ディスプレイセンターがウェブサイトをリニューアル
ものづくりでのノウハウを活かし、2007年から植物工場分野にて設備開発をスタート。現在までに国内外で、26ヶ所の施工実績を持つ。

現在までに(H28.3月現在)国内23箇所、海外3箇所での施工実績があり、日産4,000株のリーフレタス工場から、低カリウムやベビーリーフといった栽培品目にカスタマイズ施設の他、カフェ・レストラン等の店舗併設型まで、クライアントの要望に応じて、さまざまな規模に対応している。

 同社の栽培設備の特徴は、養液プールの両サイドに設置した自社開発品の特殊ローラーにて、栽培パネルを滑走させるという方式を採用することで省力化を実現。栽培パネルは自動連結式であるため、プール幅最大15mでも一人で簡単に引くことが可能である(ローラー滑走パネル連結方式:特許出願中)。
植物工場設備26ヶ所の実績をもつ日本ディスプレイセンターがウェブサイトをリニューアル
栽培パネルとプールの水面は触れていないため空気層が設けられ、パネルに藻の付着がなく、洗浄の手間が大幅に軽減することができる。また栽培ラックの棚間を最小限に設計し、多段化する事によって単位面積当たりの収穫量増を図っている。

 こうした植物工場の細かい部分に独自ノウハウがつまった栽培資材の個別販売も開始した。新設の植物工場の他、既設の設備への取り付けも可能となっている。販売商品は独自開発の栽培パネルや培地カップ、ローラーユニット・アルミレールの他、共通資材のウレタン培地や植物育成ランプ、計測機器などを取り扱っている。

詳細ウェブサイト: http://www.jdc1974.co.jp/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  4. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  9. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  10. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
ページ上部へ戻る