オイシックスがスープ専門店「Soup Stock Tokyo」と共同で水耕栽培ケールを活用したスープを販売

 食品ECのオイシックスが、食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo」とコラボレーションして、オイシックスの水耕栽培ケール「かがやケール」を活用したスープ「ケールの優しいグリーンポタージュ」をインターネットと、スープストックトーキョー3店舗で期間限定販売する。
オイシックスがスープ専門店「Soup Stock Tokyo」と共同で水耕栽培ケールを活用したスープを販売
 ケールは、別名「葉野菜の女王」と呼ばれるほど栄養価が豊富な食材である。カルシウムやビタミンC、食物繊維が豊富に含まれており、特にβ-カロテンは同じアブラナ科のキャベツの約50倍。美容効果がある“抗酸化作用”の高いβ-カロテンを豊富に含んでいる事で、“食べる美容液“との異名も持ち、アメリカで一大ブームを巻き起こしている、今注目のスーパーフードだ。

「ケールの優しいグリーンポタージュ」は、オイシックスとSoup Stock Tokyoがコラボでレシピを作るスープの3作目。
葉が柔らかく、程よい苦味のあるオイシックスのケール「かがやケール」の鮮やかな色と味わいを活かしながら、隠し味にミントの爽やかな香りを加え、さらに、きめ細かく粘り気のあるじゃがいも「メークイン」と炒めて一晩寝かせた玉ねぎを合わせる事で、コクがあり口当たりもなめらかな、春にぴったりの優しい味わいのスープが完成した。

商品名:「ケールの優しいグリーンポタージュ」
・価格:647円(税抜)
・URL:http://www.oisix.com/sc/kalesst
・販売店舗※3月18日(金)~発売
家で食べるスープストックトーキョー 渋谷ヒカリエ ShinQs店・ 二子玉川東急フードショー店、アトレ吉祥寺店

国産ケール「かがやケール」
昨年の8月末からオイシックスで発売をスタートした国産ケール「かがやケール」。
ケールは青汁の原料としても知られ、“苦い・まずい”のイメージが強いが、「かがやケール」は、えぐみがない品種、かつ水耕栽培であり、葉が柔らかく、生のサラダとしても食べることができる。油との相性も良いので、炒め物にももちろん、幅広い料理で活用でき、より栄養価の高い料理を楽しめる。
オイシックスがスープ専門店「Soup Stock Tokyo」と共同で水耕栽培ケールを活用したスープを販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  2. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  3. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  8. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る