サタケ、スマホやタブレットにて穀物乾燥機の遠隔監視サービスを開始

 サタケは、稲作農家・農業生産法人向けとして、穀物乾燥機遠隔監視サービスを6月1日より開始する。また、同サービスを利用するための「サタケフレンドリークラブ」会員登録受付を開始した。
サタケ、稲作農家・農業生産法人向けの穀物乾燥機遠隔監視サービスを開始
 稲作農業における栽培・調製作業、中でも収穫後の乾燥調製作業については、近年、大規模農家や農業生産法人など担い手への集約化が進んでおり、担い手には綿密な作業計画に基づいた、より一層効率的な作業が求められています。

しかし、乾燥調製作業においては、何らかの原因で機械が停止した場合、計画通り作業を行うことができず、翌日以降のスケジュールに支障を来す恐れがあります。特に夜間におよぶことの多い乾燥作業では、生活の場と作業場所が離れているケースも多く、トラブルが発生しても発見が遅れてしまうという問題がありました。

 このような問題を解決するため、サタケは稲作農家や農業生産法人向けに新たなシステムを開発、このシステムを活用した穀物乾燥機遠隔監視サービスを、6月1日より開始します。
同サービスは、穀物乾燥機「ソラーナネックスSMART(スマート)」シリーズのユーザーが運転状況などを、インターネットを介してスマートフォンやタブレット、PCなどの情報端末から遠隔監視できるようにするもの。

乾燥運転中の穀物水分、熱風温度、残時間などが常時閲覧できるほか、乾燥終了時とトラブル発生時にはメールで通知を受け取ることが可能です。トラブル発生時には、その内容と対処方法を確認することもできます。また、乾燥終了した作業はすべて履歴として記録され、作業改善等に活用できます。
サタケ、スマホやタブレットにて穀物乾燥機の遠隔監視サービスを開始
 同サービスを利用するための会員登録受付を、3月1日より「サタケフレンドリークラブ」ホームページ(http://friendly.satake-inet.com)にて開始しました。利用料金は年会費が初年度30,000円(2年目以降20,000円)と、通信費9,600円(※2)からです。
なお、「サタケフレンドリークラブ」会員特典として、食味や外観品質などの分析サービスを優待価格にて受けられるほか、乾燥調製作業の注意点など各種情報をメールマガジンにて受信できます。

※2…利用期間が2か月の場合。3か月12,800円、4か月16,000円、5か月18,000円、6か月20,000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  2. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  3. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  4. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  10. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  4. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
ページ上部へ戻る