東芝、植物工場でも利用されている次亜塩素酸水の小型・卓上型商品を販売

 東芝では、高い除菌効果、消臭効果をもち、安全性に優れた次亜塩素酸水の卓上型生成器を3月15日から販売する。次亜塩素酸水は、農作物・人畜および水産動植物に害を及ぼすおそれがないため「特定農薬」に指定されており、一部の植物工場施設でも導入されているもの。

衛生管理が特に求められる飲食店、医療施設、介護老人福祉施設、保育所などでは、これまで除菌・消臭剤の原料となる薬剤の保管管理や誤飲防止など安全上の課題がありました。

今回発売する電解除菌水メーカーは、薬品を一切使わずに「水と塩」だけで安全にかつ、低コストで高い除菌効果、消臭効果を持った次亜塩素酸水を簡単操作で生成できる卓上型生成器です。次亜塩素酸水は、即効性があり、様々な細菌やウィルスに有効で、インフルエンザウィルスのほか、消毒用アルコールでは効果のなかったノロウィルスなどに対しても効果が期待できます。

軽量コンパクトで持ち運びができ、1リットルの次亜塩素酸水を3分間で生成できるため、場所を選ばず、手軽に次亜塩素酸水を生成できます。
東芝、植物工場でも利用されている次亜塩素酸水の小型・卓上型商品を販売
 電解除菌水メーカーにより生成された次亜塩素酸水は皮膚へのダメージが少なく、手荒れの原因にもなりにくいため水道水感覚で使えます。また、手軽に使っていただくために蛇口への給水接続が不要な貯水式を採用し、電気ポット感覚で次亜塩素酸水を生成できます。さらに色々な設置シーンを考慮し、設置面積をとらないスリムでコンパクトなデザインとしました。

ビーカーのようなクリアなボトルは中身の状況がひと目でわかり、スタンドに内蔵したLEDが「スタンバイ」「生成中」「出来上がり」の状態を光でお知らせします。

次亜塩素酸水は、アンモニアやメチルメルカプタンなどの食品の腐敗臭成分に対しても高い消臭力があります。このため、飲食店、食品加工施設などでの食材の殺菌、医療施設、介護老人福祉施設、保育所などでのうがい・手洗いによる衛生管理、スポーツクラブ、宿泊施設、ペットショップなどでの器具やケージ・サークルの除菌、消臭など幅広く利用が期待されます。さらに今後、農業・畜産業、大型食品加工施設などへさまざまな利用ニーズの広まりが期待されるため、商品ラインアップの拡充をはかっていきます。

同社によるプレスリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2016_03/pr_j0301.htm#PRESS
商品紹介ページ
http://www3.toshiba.co.jp/ddc/kinousui/index_j.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  3. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  6. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  7. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る