エスキュービズム、家庭用・小型植物工場キットを暗い部屋でも飾れる新商品として販売

 家庭用・小型植物工場の製造・販売を行う株式会社エスキュービズム通商は、自社の水耕栽培・植物工場のノウハウを活かした栽培キット『ピッコラ』を、暗い部屋でもオシャレに飾れる室内用ガーデニングキット『ピッコラガーデニング』として、新たに販売を開始する。
エスキュービズム、家庭用・小型植物工場キットを暗い部屋でも飾れる新商品として販売
家庭用水耕栽培キット『ピッコラ』は、水と薬液のみで、ご家庭でも簡単に植物を育てることができる水耕栽培キットです。本来は、野菜を育てることが主な使用目的でしたが、この度、ピッコラ』の製品特徴を活かし、暗い部屋でもオシャレに飾れる、室内用ガーデニングキット『ピッコラガーデニング』として新たに生まれ変わりました。

太陽光に近い光源を実現した赤白2色のLEDライトにより植物を照らし、光と肥料により植物の成長をコントロールすることができます。本体は、前面オープン式で水遣りも簡単です。これにより、お手入れも鑑賞も楽しみながら観葉植物※を育てることができます。

■製品特徴
・太陽光に近い、“赤色LED”を採用

光源は、植物の発育促進を目的に、明るい白色LEDに加えて、赤色LEDも採用し、植物に欠かせない太陽の光に近い光を再現しています。太陽の当たらない場所に設置しても育ちます。

・肥料と光で植物の成長をコントロール
光と肥料の加減で、植物の成長をコントロールすることができます。お気に入りの苗を買って育てれば、大小さまざまな植物が生い茂る、オシャレなオリジナルの箱庭を完成させることができます。

「ピッコラ」公式サイト
http://hako28.jp/product/piccola/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  10. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  3. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  4. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
ページ上部へ戻る