エスキュービズム、家庭用・小型植物工場キットを暗い部屋でも飾れる新商品として販売

 家庭用・小型植物工場の製造・販売を行う株式会社エスキュービズム通商は、自社の水耕栽培・植物工場のノウハウを活かした栽培キット『ピッコラ』を、暗い部屋でもオシャレに飾れる室内用ガーデニングキット『ピッコラガーデニング』として、新たに販売を開始する。
エスキュービズム、家庭用・小型植物工場キットを暗い部屋でも飾れる新商品として販売
家庭用水耕栽培キット『ピッコラ』は、水と薬液のみで、ご家庭でも簡単に植物を育てることができる水耕栽培キットです。本来は、野菜を育てることが主な使用目的でしたが、この度、ピッコラ』の製品特徴を活かし、暗い部屋でもオシャレに飾れる、室内用ガーデニングキット『ピッコラガーデニング』として新たに生まれ変わりました。

太陽光に近い光源を実現した赤白2色のLEDライトにより植物を照らし、光と肥料により植物の成長をコントロールすることができます。本体は、前面オープン式で水遣りも簡単です。これにより、お手入れも鑑賞も楽しみながら観葉植物※を育てることができます。

■製品特徴
・太陽光に近い、“赤色LED”を採用

光源は、植物の発育促進を目的に、明るい白色LEDに加えて、赤色LEDも採用し、植物に欠かせない太陽の光に近い光を再現しています。太陽の当たらない場所に設置しても育ちます。

・肥料と光で植物の成長をコントロール
光と肥料の加減で、植物の成長をコントロールすることができます。お気に入りの苗を買って育てれば、大小さまざまな植物が生い茂る、オシャレなオリジナルの箱庭を完成させることができます。

「ピッコラ」公式サイト
http://hako28.jp/product/piccola/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  5. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  6. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  7. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  8. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  9. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
ページ上部へ戻る